Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
New Entries
Recent Comment
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    さちほ (12/04)
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    山下 (12/04)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    さちほ (09/05)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    藤田恭子 (09/04)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
委員会の視察で、大分県美術館と文化センターに。

 大分県立美術館は、隣の文化センターと一体に、指定管理で運営されています。財団法人の運営ですが、美術館として、365日休みなく開館、夜も利用できることや、企画展や催しを年間360以上実施して、入館者数は、年間60万人を超える盛況です。

 

 県民に愛され、親しまれる美術館にと、よく努力されています。人口120万人の大分ですごい。

 

 奈良県も、美術館と文化会館を一体に改修して、運営する計画ですが、総事業費230億円と予定していますが、中身が大事です。

 

 大分では、どんな内容にするか、相当議論されています。誰が運営するのかも大事です。

 

    

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
大和郡山市で、5人の県議団そろって議会報告会

 大和郡山市で、県議団そろっての議会報告会を開催していただきました。

 

 現在は、党県議がいない郡山市ですが、今度こそ、議席を得ようと、市会議員の北野いつ子さんが、県議選に挑戦します。

 

 会場いっぱいに参加してくださり、熱心に、質問も次々ありました。何としても、郡山からも県議をと皆さんの思いにこたえられるように、県議団の議席増に、力を尽くします。

 

  DSC00249.JPG

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
9月定例議会が、閉会しました。

 9月県議会の最終日。

 

 2017年度決算の採決、追加議案の採決、意見書の議決が行われ、一般会計決算の反対討論は、小林県議。

 

 追加議案として提案された、政務活動費の廃止条例及び減額条例について、今井県議が討論。採決の結果、どちらの案も否決されました。

 

私は、「生活保護費の拡充を求める意見書」を提案。この夏猛暑の中で、エアコンのない家庭や、あっても電気代の心配から使えない家庭で、熱中症の危険が増大しました。夏季加算やエアコン設置費用の保護費適用を求めるものです。全会一致で議決されました。

 

   

 

  

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
決算委員会知事総括質問

 今日は、決算委員会知事総括質問。我が党の小林県議は、99億5000万円も投じる芸術家村構想について、地方創生のためというが、地域活性化に、ほんとうに役立つのか?

 

 水道広域化を県が強力に進めているが、住民の意見を聞かないやり方は、地方自治に反する。災害時の備えとしても、命の水は、身近な自治体が責任をもって提供できることが大事と指摘。知事の考えを正しました。

 

    DSC00093.JPG

 

 

  

 

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
県議会、決算委員会がはじまりました。

 今日から、決算委員会が始まります。日本共産党からは、小林てるよ県議が、委員として論戦します。

 

 県財政が、暮らしを良くするために使われたのか、多額の開発事業への投資が問われます。特に、県立高校の耐震化を放置してきた問題、高い国保税の負担や、介護の負担で多くの方が苦しんでおられます。

 

 暮らしの実態と県のお金の使われ方について、県民の皆さんの思い、願いをとどけて、議論します。16日までの予定です。

 

   DSC09867.JPG

 

   

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
県議会本会議で、補正予算、県立高校削減の条例が採択されました。

 今回の補正予算は、わが党が8年前から要望していた、小中学校へのエアコン設置への県独自の補助金制度が実現したことから、賛成。

 

 しかし、県立高校の削減・再編を決める高校設置条例には反対。宮本次郎県議が反対討論しましたが、 賛成多数で可決。

 

 同時に、平城高校同窓生らから提出された「平城高校の存続等に関する請願書」は反対多数で否決されました。

 

 県議会には、奈良市議会からも、有志の議員22名の連名で「県立高校適正化条例を9月県議会で議決せず、関係者の理解をえる丁寧な説明をつくすこと、県立奈良高校の耐震化を直ちに行うことを求めるアピール」が、届けられていました。

 

 こうした県民の願いを聞かず、拙速なやり方は、許せません。

 

 ひきつづき、撤回を求めるとともに、県立高校削減を撤回する新しい知事と議会とするために、来年4月の選挙で、皆さんと力を合わせて、闘います。

 

   IMG_0182.JPG

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
県議会予算委員会で、今井県議が知事に総括質問。

 県議会補正予算の審査が行われています。今日は、知事への総括質疑、今井光子県議が、論戦しました。

 

 地域別診療報酬の導入を盛り込んだ、医療費適正化計画は、撤回を求めました。

 

  

 奈良県の計画では、県民一人当たりの、削減医療費は、36044円。隣の大阪は、3622円ですから、10倍も引き下げないと目標は達成できません。

 医療は、全国一律、公平な負担と給付があたりまえです。

 

  

  

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
宮本次郎県議が一般質問。

 県議会の一般質問は、今日までです。宮本次郎県議が質問しました。

 

 県立高校再編計画について、「充分な説明がされていない」という意見にこたえて、強引に計画を進めないよう求めました。

 

 奈良市議会は、6月議会に、全会一致で「県立高校適正化計画の議決の延期を求める意見書」を決議。しかし、県教育委員会から、なんら説明もないことから、再度、9月市議会で、有志22名の市議会議員により「緊急アピール」が表明されました。

 

 関係者、奈良市議会などの意見をしっかりと受け止め、強引な計画推進は中止して、十分な説明と議論を尽くさなくてはなりません。

  

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
太田あつし県議が一般質問、台風21号被害の救済を求める。

 県議会は、今日から一般質問です。

 

 日本共産党の太田あつし県議は、台風21号によって、大きな被害を受けたなし農家などの実情を訴え、救済の支援を求めました。

 

 収穫前のなしが約半分も落下してしまった、ブドウ農家では、ハウスが風でねじ曲がり壊れてしまった。など、現地で調査し、伺った声を紹介。

 

 農産物に対して救済制度は、共済しかなく、なしの場合は共済制度そのものがありません。県下の農業被害は、わかっているだけでも約7億円にのぼります。県、国の救済策が必要です。

 

 大和川の治水対策、水道広域化計画、犬猫の殺処分をなくす対策についても、質問しました。

 

 

        

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
「県立奈良高校の耐震化対策について」教育長に質問

 代表質問で、県立奈良高校の耐震化対策について。教育長に聞きました。

 

 奈良県の高校耐震化は、全国でワースト2位と遅れています。なかでも、奈良高校は、倒壊の恐れが高い体育館や校舎があり、一刻も早い対策が必要です。

 この問題では、奈良市からも、県に対して、生徒の安全のために、早急な対策を求める行政指導がされています。

 

 奈良高校の育友会からの要望で、2013年には、耐震補強工事について実施設計もされ、2016年には、4年かかるが現地で建て替え可能との判断もされていました。ところが、県教育委員会は、費用がかさむことから(約40億円)、県立高校の統廃合計画を検討し、その中で、平城高校を廃止して、奈良高校を平城に移すことにしたのです。

 

 この統廃合計画で移転をするとしても、あと3年半かかり、その間、奈良高校の生徒は危険にさらされることになります。

 

 一刻もはやく、命を守る対策を実施するように求めました。

 

 なにより、校舎の建て替えが可能であると判断したにもかかわらず、お金がかかるからと、統廃合計画にすり替えるなど許せないことです。

 

 この続きは、宮本次郎県議が、一般質問(9・25)で、追及する予定です。

 

   

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |