Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Recent Comment
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    山本 和敏 (02/24)
  • 一般質問、奈良公園に高級ホテル建設を何が何でも進める知事の無謀が明らかに。
    朴念仁 (01/20)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    さちほ (06/01)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    NakajimaMototugu(中島素紹) (05/31)
  • 残念、骨が再生されていませんでした。
    さちほ (03/20)
  • 残念、骨が再生されていませんでした。
    清水 辰馬 (03/20)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。

 奈良公園の環境を守る会・高畑町住民の会のみなさんと、弁護団が、文化庁に対して、審査請求を提出。

 

 奈良県が、名称奈良公園内、高畑裁判所官舎跡地にホテルを建設する現状変更をもとめたのに対して、文化庁が許可しましたが、これは、不当だとして、審査を求めています。

 

 今後も、世界遺産バッファゾーンであり、文化遺産である名称奈良公園の開発をすすめ、壊す行為を止めるために、力を尽くそうと勉強会を続けています。ご支援をお願いします。

 

  

 

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:33 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
第32回国民文化祭と第17回障がい者芸術・文化祭なら大会がはじまりました。

 全国各地で、毎年行われている国民文化祭、今年は奈良県での開催です。はじめて、全国障がい者芸術・文化祭と、同時開催されます。

 

 9月1日から11月30日の3か月間、様々の芸術分野で、発表や、交流、イベント事業など、盛りだくさん。全市町村が会場になります。

 

 開会式は、東大寺で、行われ、今に伝わる伎楽、舞楽や神事である翁舞、子ども狂言、書道パフォーマンスなどが、披露されました。

 

 ロゴマークの選定や、公式ポスター、マスコットキャラクターなど、物議をかもしているのですが、参加される皆さんの芸術、交流を楽しみたいと思います。

 

 

 

 夜空に浮かび上がる東大寺大仏殿。

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
奈良公園学習会「幻の奈良離宮とゴルフ場」帝国憲法体制と奈良県

 奈良の歴史遺産を守る会では、第4回目の学習会を開きました。今回は、奈良県近代史研究会の武末先生によるお話です。

 

「まぼろしの奈良離宮とゴルフ場・帝国憲法体制と奈良県」と題して、奈良公園に、離宮やゴルフ場を建設する計画があったこと、また当時の、帝国憲法制定時期における奈良県史など、文献を丁寧に調査された研究を紹介していただきました。

 

 とても興味深い事実が数々あって、県がホテル開発を進めようとしている、高畑裁判所跡地、吉城園地域の歴史を知ることができました。とても貴重な資料ありがとうございます。

 

 やはり、しっかりと、近現代史を学んで、建造物など価値について調査が必要だと感じました。そして、どのように受け継いでいくのか。議論しなくてはなりません。

 

  

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
終日、地域で赤旗新聞の購読おすすめに。

 午前、午後、地域で訪問活動です。新聞赤旗の購読をお願いしました。

 

 暑い中、ご苦労様と声をかけていただき「政権をとるまで、がんばってほしい」「応援してます。たよりにしていますよ」とあたたかく、うれしいことです。しかし、購読は、日刊紙、日曜版、一部づつでした。負担が増えるばかりで、なかなか、家計のやりくりは大変です。

 

 お昼は、大安寺支部のみなさんの全体会議に参加。議会の報告をさせていただきました。暑くても、皆さん頑張って参加され、次は総選挙と、にぎやかに話し合っています。

 

   

 

  

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
国民健康保険の県単位化について要望交渉

 党地方議員団と県委員会、社会保障推進協議会のみなさんと、奈良県に、国民健康保険の県単位化にあたっての要望交渉を行いました。

 

 来年度から、市町村国保が県に統合されます。これまでのように、保険料を決定し徴収するのは市町村ですが、保険給付を行うのは県となり、各市町村は、納付金を県に収めることになります。

 

 今でも高すぎて払えない世帯が多い保険料が、どうなるのか、不安が広がっています。県の説明では、全県で統一した保険料にすることを目指し、今より、確実に保険料が高くなることが、明らかになりました。

 

 これでは、何のために、統合するのかといわねばなりません。財政力の弱い小さい市町村を全体で支える、といいますが、国民健康保険は、年金生活者や、非正規雇用者、自営業者が加入して、収入の少ない人が多い構造的な問題があります。財政基盤が弱い問題を解決するには、国庫負担金を増額し、県の負担を増やすなど、加入者の保険料を抑えて、払える保険料としなくてなりません。

 

   

 

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
切実な願い「子どもの医療費窓口無料」を求める要望

 新日本婦人の会の子育て中のお母さんたちと、市町村議員団、県議団、国政候補のみなさんといっしょに、子どもの医療費窓口無料を求めて、奈良県に要望をおこないました。

 

 県内各地から、子どもづれで参加したお母さんたちが、思いを訴えました。

 

 4人の子どもさんを育てているお母さんは、一ヶ月の間に、4人が次々と水疱瘡にかかり、医療費は21220円となり、たいへん。

 

 香川から引っ越してきた方は、子どもを病院に連れて行って、お金を払わないと行けないと聞いて驚いた。県によって、なぜこんなに違うのか。と訴え。

 

 子どもがぜんそくだというお母さんは、気をつけていても、急な発作が起こり、点滴をしたり、お薬をたくさんもらうと、お金のことがすごく心配になり、つらい。

 

 また、所得制限で、年収300万円の一人親世界でも、助成が受けられない。などなど、切実な声が、出されました。

 

 県は、国が、窓口無料を実施すれば、国保会計への国の補助金をカットするペナルティがあるので、実施できないとしてきましたが、来年度、国が就学前までのペナルティをなくすとのことで、現在、就学前まで窓口無料を実施する方向で、市町村と勉強会を開いていると答えました。

 

 子どもは、日々成長しています。一刻も早く実現してほしい。近畿では、奈良県以外すべて、窓口無料の制度になっている、ペナルティがあっても、やっている。子育て支援として考えてほしいと、強く要望しました。

 

 実現するまで、力を合わせて、運動をつよめてがんばります。

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夏の高校野球、奈良の天理高校が準決勝へ。

 お盆を過ぎてから、また猛暑がぶり返しました。

 

 夏の高校野球大会では、奈良の天理高校が、重決勝に勝ちぬいてきました。すごい。やはり地元の学校が頑張ると嬉しいですね。

 

 優勝候補と言われる強豪校とは、違っているようですが、なぜ、力を発揮しているのか?監督が、とにかく選手をほめて、指導されている、選手たちがのびのびと活躍できるとのこと。

 

 次は、準決勝、力を出し切ってがんばってください。

 

     

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「市民と 野党の共闘と革新懇運動の役割」について学習会

 党中央から、常任幹部会委員の浦田宣昭さんを迎えて、統一戦線運動の新しい段階での革新懇運動と組織づくりについて学習会が開かれました。

 

 日本共産党が、第15回党大会で初めて革新懇運動を提唱して、35年。

 

 今、一致する要求で団結する共闘が発展し、安倍政権を倒そうと、党派を超えて市民と野党の共闘が始まっています。最初は、難しいと思っていたことも、市民の力で、画期的な前進が切り開かれてきました。

 

 安倍暴走政治は国民から見放され、いよいよ、自民党政治の末期現象、没落の始まり(不破社会科学研究所長)いまこそ、新しい政治実現に、革新懇の出番です。

 

 改めて、大きく構えて、着実な運動の推進をしていくことの大切さを、実感しました。

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
憲法9条守れ!奈良県共同センターの宣伝活動。

 今日19日、安保法制強行採決に抗議し、廃棄をめざす共同センターの宣伝行動が行われました。たくさんの参加で元気に、アピール。

 

 各団体からの訴え、署名にも取り組み、暑いなか、観光に訪れた方が足を止めてくださいました。中国や韓国の皆さんは、次々と写真を撮って行かれます。

 

 

  北朝鮮問題では、平和的解決を求める世界の動きが強まる中で、日本政府、安倍首相の対応は、異常です。

 

   

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
核兵器禁止条約の学習会

 地域の健康友の会で、核兵器禁止条約について学ぼうと、学習会が開かれました。

 

 条約の画期的な意義、日本の被爆者が先頭になって、核廃絶のための行動を粘り強く続けてきたことが、世界を動かしたこと。大国の思惑で動く世界から、小さい国々が大きい力を発揮して、民主主義が生きる世界に変わったこと、などなど みんなで確信を深めあうことができました。

 

 

 情けない日本政府への怒りや、北朝鮮問題の解決についてなど、意見が出され、すばらしい条約について、多くの人に知ってもらいたいと感想が語られました。

 

 何よりも、核廃絶をめざす政府をつくろう、そして、核保有大国を追い詰めるためにも、核廃絶のための署名をもっともっと集めて、頑張りたいと、みんなで確認しました。 

 

     

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |