Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
危険外来植物「ナガミヒナゲシ」

 奈良市内に在住の寮美千子(作家)さんが、駆除に尽力されています。ナガミヒナゲシという外来植物が、生態系を破壊する危険な植物で、どんどん増えているそうです。

 

 私も知りませんでしたが、このごろあちこちで、見かけます。オレンジ色の一見、かわいい姿ですので、きれいだなと思っていました。

 

 昨日は、雨の中、寮さんが、ご近所の空き地に繁殖する大量のナガミヒナゲシを駆除されていました。ありがとうございます。

 

みなさんも、気をつけて、ご協力ください。

 

  

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今年もえびねランが、花をつけました。

 今年も、えびねランの花が、咲きました。天候が不順でも、植物はちゃんと花をつけてくれます。

 

 週明け、国会は、緊迫ですね。森友学園問題では、新たな音声の録音テープも明らかになり、便宜を図った財務局と安倍夫人の関与が強く、疑われます。疑惑解明、夫人の証人喚問が求められます。

 共謀罪の、強行策動も心配です。 沖縄の強硬な新基地工事、暴言大臣の任命責任、安倍首相の憲法改定発言などなど。

 目が離せません。

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
初節句と100日のお食い初め

 孫のさくちゃんの、初節句と100日のお食い初めのお祝いに、行ってきました。

 

 見る毎に、表情が豊かになって、ニコニコと笑ってくれるようになりました。元気に成長してくれていることが、何より、うれしいことです。

 

 生後100日、しっかり食べて、丈夫に成長できますように、願いをこめて、お祝いしました。

 

 テレビでは、安倍首相が、憲法を変えたいと表明。軍隊を持つことを盛り込み、平和憲法を葬り去ろうという恐ろしい野望です。孫たちの未来を壊す暴挙は許せません。

 

   

 

    

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「ま・どんな」写真展、拝見しました。

 女性たちの写真サークル「ま・どんな」のみなさんが、第7回写真展を開催されました。

 

 「みんなちがって、みんないい」の合言葉で、個性豊かな作品ばかりです。それぞれが、表現したいことをめざして、迫真の一枚。

 

 すごいなーと圧倒されます。

 

   

       北村市議も、鑑賞していました。

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
50000キロメートル走りました。

 停車して、ふと見ると、わたしの軽自動車、ちょうど50000キロメートルの表示がでました。新しい車に変えて,もうこんなに走ったのですね。

 

 連日、赤旗新聞の購読をお願いして、地域を回っています。

 

 今日も「北朝鮮のことで、マスコミがあおっているけど、平和が本当に心配です」「森友問題をしっかり追及して」また「地域の学校をなくさないで」と、たくさんのご意見を伺いました。

 

 奈良市の市議選挙も、近づき、ポスターや、後援会看板なども目立ってきました。あせらず、着実にがんばろう。

 

   

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新聞赤旗をおすすめしています。

 連日のマスコミ報道は、北朝鮮が核実験やミサイル発射をするとあおっていますが、

 

 アメリカ軍の艦船が配備され、更に危機をあおる。これに乗じて,安倍首相が、先制攻撃も視野に入れるトランプ大統領に、賛意を表明。さらには、この米艦隊と自衛隊が合同軍事訓練とは! 

 

 武力行使は、きっぱり反対してほしい。

 

 NHKの報道でも、米艦隊の装備や軍事力を詳しく解説する報道をやっていましたが、どうやって、平和的な解決をするのか、現実的で,冷静な報道をしてほしい。

 

 平和憲法に反する重大な事態であるにもかかわらず、これが当たり前のような報道でいいのでしょうか。

 

 いまこそ、新聞赤旗を、たくさんの皆さんに読んで頂きたいですね。

 

      

 

 

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
恐ろしい諜報活動、盗聴のシステム

 アメリカの元NSA(国家安全保障局)職員であったエドワード・スノーデン氏が、告発したアメリカの諜報活動。映画にもなっていますが「すべてをかぎつけ、すべてを知り、すべてを収集、すべてを利用する」と、監視カメラ、インターネット、携帯電話、メール、クレジットカード、個人のプライバシーもあばかれ、監視対象は際限なく広がる。世界中を対称にしています。

 

 NHKでも報道されましたが、日本の情報も例外ではありません。

 

 このアメリカといっしょに、安倍政権は、秘密保護法、盗聴法、さらに、共謀罪の制定まで強行しようとする。いったい、どんな社会になるのか?恐怖です。

 なんとしても廃案に。

 

   

  青々とみずみずしい、麦の穂。

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
運転免許の更新

 5年目の運転免許の更新に行ってきました。20歳のときに免許を取得して、40年以上も過ぎました。

 

 ペーパードライバーだった私ですが、子どもが生まれて、保育所の送り迎えの必要に迫られ、ある日突然、思い切って、運転を始めたのです。

 

 そのときは、しり込みする私に、義母が、私が一緒に乗ってあげるから、とにかく、やってみなさいと、強く勧めてくれたから、乗れるようになり、感謝しています。

 

 何度が、不注意から事故を起こして、怖い目にもあいましたが、何とか、大事故にはならずにこれました。

 

 今日の講習を受けて、安全運転を常に、意識しないといけないことを改めて実感しました。つい、慣れた道路だと油断してしまいます。高齢者の事故が増えていますが、自分自身も、高齢化しています。いつまで、乗れるかなあ。

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
北朝鮮、緊張高まる。

 北朝鮮のミサイル発射、核開発などの蛮行に、国際社会の批判が強まっています。挑発的な軍事行動は、絶対に許せません。

 

 しかし、この北朝鮮の挑発に対して、アメリカトランプ政権が、あらゆる手段で対抗すると表明し、核開発施設への攻撃も辞さないことが、述べられています。とんでもない。もしも、武力攻撃がおこなわれたら、韓国・日本などの国民が直接の被害を受けることになります。核施設への攻撃なら、広範な地域への巨大な被害、壊滅的打撃となるでしょう。拉致被害者の救出どころか、もっとも危険にされされます。

 何でも、アメリカ言いなりで付き従う安倍政権ですが、無法な戦争にまで協力するなんてあまりにも無謀です。国民の命と平和を守る行動をしてほしい。

 

 すでに、韓国内の米軍家族など関係者は、沖縄に非難したとのこと。不気味です。

 

 沖縄の米軍基地が攻撃の対象に、日本の全土にある米軍基地への攻撃、さらには、原発への危険も。絶対に、戦争は避けなければなりません。

 

 北朝鮮が、何を求めて挑発を繰り返しているのか、話し合いによる外交をすすめて、解決にあらゆる努力を尽くしてほしい。

 

    

    

 

    

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
県立大学へ「広島・長崎講座」の申し入れ

  今井県議と一緒に、奈良県立大学を訪問して「広島・長崎講座」について、申し入れました。

 

  被爆者の皆さんが高齢化する中、被爆体験の風化や若い世代の平和意識の低下・希薄化が懸念されています。

 

 広島・長崎市・広島平和文化センターでは、大学の講座で、広島・長崎における被爆の実相や戦争の悲惨さ、核兵器の非人道性、平和の尊さなどを政治学・文学・芸術学・建築学などの分野で取り上げたものを「広島・長崎講座」として認定、普及を進めています。

 

 全国では、48大学で取り組まれています。奈良県の大学でも、実施してほしいと、各大学への申し入れを行っています。

 

  奈良県立大学でも検討したいとのことでした。核廃絶の被爆者署名の協力もお願いし、快く受けていただきました。

 

 

    

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |