Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    山本 和敏 (02/24)
  • 一般質問、奈良公園に高級ホテル建設を何が何でも進める知事の無謀が明らかに。
    朴念仁 (01/20)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    さちほ (06/01)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    NakajimaMototugu(中島素紹) (05/31)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「古都奈良があぶない」連続学習会が開かれました。

 奈良の文化遺産を守る会主催で「古都奈良がほんとうにあぶない」学習会。今日は、雪が降って、とても寒い中、たくさんの皆さんご参加いただきました。

 

 地元奈良をはじめ、大阪や京都、滋賀からも、奈良を大切に思ってくださる方のはげまし、うれしいです。

 

 奈良公園の自然を守る会・高畑町住民有志の会代表の、辰野勇さんが、県のホテル建設計画がいかに、まちがっているかを、詳しくお話してくださいました。

 

 間違っていることには、党派を超えて、力を合わせ、闘っていきたい。

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
冬のオリンピックが開幕しました。

 平和の祭典、冬季オリンピックが始まりました。ことのほか寒いようですが、選手の皆さんの熱いたたかいが繰り広げられます。

 すばらしいパフォーマンスが楽しみです。

 

 韓国と北朝鮮の対話が始まり、オリンピックの中でも、開会式では、合同選手団が同時に入場。新たな対話が提案されるなど、外交努力が進展しています。明るい話題です。

 

 ところが、安倍首相は、あくまで、北朝鮮に圧力をと言って、はばからず。世界の動きと逆行。なさけないですね。

 

    

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「建国記念日」に反対する集会

 建国記念日に反対する集会が、開かれました。

 

 今年の講師は、安保法制に反対するママの会から、発起人の西郷南海子さんです。赤ちゃん連れのお母さんも参加されるなど、若い方から、高齢の方まで、幅広く会場がいっぱいになりました。

 

 なぜ、運動に立ち上がったのか、「だれのこどももころさせない」思い、政治を変えるために、これからやりたいこと。ご自身の思いを率直に語られました。

 

 100年前に参政権を勝ち取った女性たちの闘いに学んで、くじけず頑張る西郷さん。一人でも多くの共感を得て、選挙で勝つことをめざそうと、とても勇気づけられます。

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
政府要望と聞き取り

 宮本県議、太田県議とともに、国交省、文化庁、法務省へ要望と聞き取りに行ってきました。

 

 山下よしき参議院議員、 穀田けいじ衆議院議員、大門みきし参議院議員が同席してくださり、宮本たけし衆議院議員も駆けつけていただきました。

 

  国交省では、奈良市内の真ん中、平城京の地下に、トンネルを掘る京奈和道大和北道路建設計画の中止を求め、文化庁では、文化財保護法の改正について、奈良公園内のホテル開発について聞き取り、少年刑務所の保存管理と、資料館の整備内容について、説明を求め、要望しました。

 

   

 

  

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
連続学習会「古都奈良がほんとうにあぶない」

古都奈良の文化遺産を守る会が、第6回の学習会を開きます。2月12日 午後6時から 県文化会館第3会議室。

 

「古都奈良がほんとうにあぶない」と題して、今奈良県が、安倍政権の観光立国の掛け声のもと、文化財をお金もうけのために活用するとして、開発を進めている危険を考えます。

 

 名称奈良公園でのホテル建設計画について、近隣の高畑町住民有志の会・奈良公園の環境を守る会から、辰野勇会長がお話されます。

 わたしも、奈良県が計画していることについて、報告させていただきます。是非、お越しください。

 

  

 

 

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
年金者組合のみなさんと懇談

 年金者組合の皆さんと、県議団で懇談しました。

 

 県下の市町村、県議会で、年金制度の改善を求める意見書決議をしてほしいと要望されています。

 

 懇談では、介護保険のこと、デマンドタクシーやコミュニティバスなどの地域交通、買い物難民対策、住民参加のまちづくりについてなどなど、要望や意見がだされました。

 皆さんが、日ごろから、地域の問題について声を上げ、交渉されていることなど、積極的な行動にはげまされます。

 

  

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
通学路で子どもたちを見守る稲嶺進さん。

 沖縄名護市長選挙の結果は、とてもショックでしたが、沖縄の皆さんの闘いに励まされます。絶対に辺野古基地建設は許さない、勝つまであきらめない。

 

 開票日の翌日から、いつものように、通学路に立って子どもたちを見守る稲嶺さん。子どもたちの将来を見つめて、頑張ってこられた信念が胸を打ちます。

 

 わたしたちも、日本の平和と未来のために、連帯したい。強く思います。

 

     稲嶺進後援会ニュースより写真を。

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
人間ドック検診

 今年も、人間ドッグ検診に行ってきました。

 

 それにしても、寒いです。寒くても、ことりさんは元気にとびまわっていました。

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
残念無念、名護市長選挙。

 今日投票の名護市長選挙は、辺野古新基地建設反対でがんばるオール沖縄の稲嶺候補が、敗れるという結果に。

 

 基地推進派が、安倍政権上げての激しい動員戦術、基地問題を語らず、稲嶺市長の攻撃やデマ宣伝をくりひろげていました。本当に悔しい。

 奈良県からも、支援に入り、たくさんの方からカンパも寄せられました。

 

 アメリカ言いなり、基地推進、憲法9条改憲の安倍政権に、負けるわけにはいかない。力をつけて、さらに闘いは続きます。

 

    

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
県老人福祉施設協議会との懇談

 県議団で、奈良県老人福祉施設協議会の役員の皆さんと懇談をさせていただきました。

 

 堀内てるふみ前衆議院議員も参加していただき、奈良県た政府への要望も交えて、現場の実態など、直面している問題について、伺いました。

 

 とりわけ、介護・福祉の人材不足は、深刻で苦労されています。政府のすそ野を広げるといって、無資格の人を活用するという方向について、現場ではすでに、高齢者や、資格がなくても、福祉の仕事がしたいという方々に支えられている実情があるが、これでは、賃金がますます低くなっていく、現場にかかわるすべての職種の底上げ、賃金の引き上げを、加算でなくしっかりやってほしいとの意見が出されました。

 

 また、参観へき地では、事業者も経営が成り立たず、サービス提供ができない、地域の格差についても考えてほしい。地域包括ケアといっても、在宅診療ができる医療機関も医師もいない現象が訴えられました。

 

 養護老人ホームや軽費老人ホームなどの施設は、低所得で、一人暮らしが困難な老人が増えるなか、ますます需要が増え、さまざまな対応が必要なケースが多い。ところが、政府は縮小していく方向で、老朽化した施設の建て替えもむつかしい。措置制度も予算削減で必要な人が措置されないことなど、地域の福祉をささえる苦労が語られました。

 

 会長からは、はじめて、共産党県議団と懇談の機会を持てよかった、今後は福祉をよくしていくためにも、懇談を重ねて協力していきたいと述べてくださいました。

 

 私たちも、奈良県の福祉を支えて頑張っておられる皆さんと、力を合わせて、国、県が暮らし福祉最優先の政治になるように頑張ります。

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |