Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    山本 和敏 (02/24)
  • 一般質問、奈良公園に高級ホテル建設を何が何でも進める知事の無謀が明らかに。
    朴念仁 (01/20)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    さちほ (06/01)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    NakajimaMototugu(中島素紹) (05/31)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日本共産党創立96周年記念講演会

 本日は、東京なかのゼロホールで、日本共産党創立96周年記念講演会が、開催されました。

 

 全国各地の会場でも、同時中継による視聴会が行われ、奈良地区委員会の視聴会に参加しました。

 

 総がかり行動実行委員会共同代表の高田健さん、市民連合呼びかけ人の中野晃一さんから、ごあいさつをいただき、志位委員長が「いま日本共産党綱領がおもしろいー激動の下での生命力」と題して講演。

 

 96年の歴史に刻まれた闘い、党綱領の路線が、ますます存在感を増し、未来をさししめす、本当に、わくわくする未来につながっていることが、縦横に語られました。

 

  あまりにも、ひどい安倍政権への怒りとともに、なぜ、倒すことができないのか。いらだちもありますが、本気の市民と野党の共闘で、選挙で勝たねばなりません。

 

     

 

posted by: 山村さちほ | 党活動 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大和高田市で、5人の県議団そろって議会報告会。

 太田県議の選挙区、大和高田市で、5人の県議団そろっての議会報告会を開催しました。約100名の方が、ご参加くださり、とても熱心に聞いてくださいました。

 

 太田県議は、高田では、なくてはならない日本共産党の議席、向川市議と沢田市議ともども、市民の皆さんに信頼されていることが、伝わってきました。

 

 暮らしの不安や、ブラックな働き方、低すぎる最低賃金、障がい者医療の重い負担、水害の問題などなど、切実な願いや、要望が次々と出されました。

 

 皆さんの願いのこたえるためにも、来春の選挙では、何としても全員当選、議席を増やせるようにがんばります。

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支部の皆さんと地域で行動

 日ごろから、支部のみなさんが地域で、後援会ニュースを届けてくださっているお宅を、訪問しながらお話をうかがいました。

 

 支部の皆さんの頑張りで、暖かく迎えていただきました。憲法カフェのお誘いもして、署名にもご協力いただきました。新しい出会いや、発見があって楽しい活動です。

 

    暑さ厳しい中でも、緑の田んぼの中をあるくのは、すがすがしい。

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夏の陽ざしが戻ってきました。県後援会総会と街角宣伝で、豪雨災害救援募金の訴え。

 雨もやんで、猛烈な暑さが戻ってきました。被災地の皆さん、どうか、体調お気を付けください。心からお見舞い申し上げます。

 

 今日は、県後援会総会。鎌野祥二参議院選挙区予定候補とともに、6人の県議候補もごあいさつ。

 

 党中央委員会から選対局次長の小松崎さんに、後援会活動の強化について講演していただきました。選挙の時だけでなく、日常的な後援会活動で、市民と結びつき、双方向で信頼を築いていく活動の大切さを強調されました。全国の経験に学びたい。

 

 この後、街頭に出て、大災害となった豪雨被害の救援募金を訴えました。

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オウム事件の真相は解明されず。警察や行政の責任が問われます。

 地下鉄サリン事件で、多大な被害をおこしたオーム真理教の松本被告らの死刑執行。テレビなどマスコミ報道に、異常さを感じるのは、私だけでしょうか?

 

 許しがたい犯罪ですが、なぜこのような殺人集団になったのか?坂本弁護士一家殺害や松本サリン事件での、警察の捜査や、上九一色村で、オウム真理教の異常・違法な行動を、行政に告発、警察に訴えても、まともな操作がされなかった事実。

 

 なぜ、捜査が及び腰だったのか。どうして、若者たちが、マインドコントロールされていったのか。なんら、死刑囚から、真相が語られず、処刑がされてしまったのか。釈然としない思いです。

 

 赤旗新聞報道では、オーム真理教を告発して、闘ってきた上九一色村の日本共産党の元村議 竹内精一さんが思いを語っておられます。

 事件を繰り返さないために、警察や行政が、当時の誤りを認めて、なぞの解明をすすめてほしい。

 

    

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
雨は、小康状態ですが、油断はできません。飛鳥革新懇のニュースから、日ごろの活動が大切です。

 各地の甚大な大雨被害、お見舞い申し上げます。奈良県内でも、行方不明の方をはじめ、浸水や土砂崩れなど、各地で被害が広がっています。

 雨は、少し落ち着いてきましたが、これからも油断できない予報です。心配です。どうか、お気をつけください。

 

 飛鳥革新懇では、地域内を流れる能登川を、ほたるの飛ぶ清流にしたいと、日ごろから住民の皆さんに呼びかけて、清掃をしたり、危険個所の点検、県土木事務所へ改修の要望を繰り返し行ってきました。

 

 つい最近、危険個所の改修が終わったところでした。最新の後援会ニュースで紹介されています。

 

 県は、住民の切実な要望に対して、道路や河川の維持管理などの予算がいつも、不足していると答えます。大型の開発予算(京奈和高速道路のトンネルやリニア新幹線誘致、高級ホテル開発など)不要不急の計画を見直して、安全対策を最優先にしてほしい。

 

   

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大雨警報がでています。お気をつけください。

 このところ、30度を超える猛暑ですが、台風に接近に伴う大雨警報が発令されています。

 

 全国各所で頻発する地震災害につづいて、大雨。雨が降れば、とこかで、災害の心配をしなくてはならない異常な気象です。

 

 先日県議団で、県申し入れを行いましたが、大阪北部地震災害を教訓にして、通学路の安全点検と対策、台風や大雨シーズンに備えて危険個所の点検および対策を強化することなどを求めました。

 

 今も、断続的に激しく降る雨、災害のないことを願っています。危険地域では、早めに避難を。充分お気を付けください。

 

   

  県議団と北野いつこ郡山市議とともに、県防災統括室で、申し入れ。

  

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
県議会の役員改選、委員会所属が決まりました。

 昨日の県議会最終日、新しい議長、副議長を選出。委員会の所属が決まりました。

 

 選挙の結果、議長には、川口議員(創生なら)副議長は、奥山議員(自民党なら)が選ばれました。

 

 委員会の所属は、ひきつづき、総務警察委員会と女性活躍・少子化対策特別委員会です。来春の改選まで、あと9か月。皆さんの声や願いを届けて、頑張ります。

 

 本会議では、共産党の5人の議員全員が、登壇して発言することとなりました。

 

 今井県議が、経済労働委員長として報告、小林県議が、防災・県土強靭化特別委員会委員長報告、宮本県議が、高校削減問題での反対討論、太田県議が「空き家対策を求める意見書」提案、私は、議員定数削減の条例改正に反対討論しました。

 

 自民党会派の議員からも「今議会は、共産党大活躍ですね」と、声がかかりました。

 

    

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
6月定例県議会、高校削減計画の採決が行われました。

 本日、最終本会議でした。議案の採決、意見書の決議、議長・副議長選挙が行われました。

 

 県立高校削減計画と「採決を急がず、丁寧な説明を求める請願書」は、傍聴席にいっぱいの皆さんが見守るなかで、採決されました。

 採決に先立ち、宮本次郎県議、公明党の山中県議、無所属の川田県議が、反対討論。賛成討論はありません。

 

 計画案は、反対9(日本共産党 宮本・今井・小林・太田・山村 国民民主 井奥 維新の会 中川・佐藤 無所属 川田)賛成28(自民党10・自民党なら8・自民党2・創生なら5・維新の会2・国民民主1)退席5(公明 岡・山中・大国 国民民主 森山・田尻)で可決。

 

 請願書は、賛成13(日本共産党5・公明党3・無所属 川田・自民党なら 小泉・国民民主 井奥・森山・田尻)反対29(自民党10自民党なら7・創生なら5・維新の会4・自民党絆2国民民主1。という結果でした。

 

 維新の会や、国民民主党は、党内で意見が分かれました。請願書に賛成した公明党は計画案には退席。県民の切実な声を、県議会がしっかりと受け止めなくてはならないと思います。

 

 本当に残念、悔しい結果です。しかし、あまりにも、県民不在で、一方的な計画、とりわけ、当事者である生徒の意見を聞かない県教育委員会は、異常です。

 

 計画を具体化していくのは、9月議会での条例(学校の廃止や校名)制定です。ひきつづき、強引な進め方を許さず、力を合わせて、計画中止を求めて、がんばります。

  

       

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
清水ただし前衆議院議員と学ぶ未来社会論

 7月7日、七夕の日ですが、清水ただし前衆議院議員をむかえて、日本共産党はどんな未来をめざすのか、未来社会論を学びます。

 

 利潤第一の資本主義が、行き詰まり、貧富の格差が広がっていますが、人類は、かならず、平等で、より豊かな社会を実現できる。希望ある未来に向かって歩もう。

 

すばらしい話術で、むつかしいことをわかりやすく語る清水ただし前衆議院議員と、楽しく、語り合います。若い人、大歓迎。もちろん、どなたでも参加できます。ぜひ、おこしください。

 

  

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |