Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
平城宮跡歴史体験館の建設計画について要望

 古都奈良の自然・文化遺産を守る会から、平城宮跡国営公園での新たな整備計画について、県に申し入れに来られました。

 

 朱雀大路の東側地域を新たに買収して、歴史体験学習館と称して3つの建物を建設する計画(50育円)また、南側では、積水跡地を買収(買収費用だけで約47億円)して、駐車場や便益施設等の建設計画が、県から示され、パブリックコメントが行われています。

 

 会では、パブリックコメントは、ほとんどの方が知らない、意見を出しにくいことから、市民や専門家などの意見を直接聞く公聴会などを開くなど、多くの意見を聞いて、計画を練り上げてほしいと要望しました。

 

 そもそも、平城宮跡の周辺部は、重要な遺跡がある可能性もあり、建設ありきではなく、発掘調査や研究の成果を生かした整備をしてほしい。平城宮跡全体の発掘や調査・研究の成果を生かした活用を求めました。

 

 世界遺産でもあり、発掘調査が続けられ、貴重な1300年前の日本についての研究が続けられている平城宮跡は、大切にまもり、後世に伝えていかねばなりません。一時的な集客や観光目的での開発で壊してはなりません。

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:19 | comments(2) | - | - | - |
        
将来に禍根を残してはなりません。ヨーロッパ特にイタリアでは、そのまま遺跡を残して後世までつたえています。国の歴史を知る、そして国民の宝としての思いからでしょうね。行政にたずさわる、とりわけ責任ある地位にある人たちも、そうあってほしいです。
| 中村正樹 | 2020/10/22 8:34 AM |
中村さん、そのとおりですね。知事の考えが、問われます。
| さちほ | 2020/10/22 9:41 PM |