Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
すべての学校に演劇を!と運動されている青年劇場の松永さんが県議会に来られました。

 奈良県でも、高校生たちに、生の演劇を鑑賞できる機会を作ってほしいと、学校での演劇鑑賞教室実現にむけての訴えに、青年劇場の松永さんが来られました。

 

 日本劇団協議会が、全国各地で、青少年に、優れた舞台芸術を届けたいと頑張ってこられました。しかし、高校での演劇鑑賞教室は、1990年代後半には、年間、約1300校で実施していましたが、2016年には、約500校に減少しているとのことです。

 

 奈良県では、わずか3校での実施でした。全国下から2番目。残念です。実施していた平城高校は閉校になってしまいます。

 

 子どもたちが、優れた芸術舞台に直接触れ、感動を体験することは、とても大事な意義があります。子どもの権利条約、文化芸術基本法によって、実現が求められています。

 

 奈良県の子どもたちに、演劇鑑賞の機会を実現するために、劇団協議会の皆さんの力を借りて、多くの皆さんと働きかけていきたいと思います。

 

 国会でも、超党派の「文化芸術振興議員連盟」が、活動されています。党派を超えて共同して、芸術文化を子どもたちに届けたいです。

 

  

     

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:52 | comments(0) | - | - | - |