Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • 奈良県でも、はやく少人数学級の実現を。
    さちほ (07/09)
  • 奈良県でも、はやく少人数学級の実現を。
    山洋介 (07/08)
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    さちほ (04/30)
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    佛気楽坊 (04/29)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    さちほ (04/19)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    奈良県民 (04/19)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    さちほ (04/17)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    佛気楽坊 (04/17)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    さちほ (04/16)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    佛気楽坊 (04/16)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
奈良保健所で、新型コロナ対策について現状を伺いました。

 奈良市議団、小林県議、谷川奈良地区委員長(衆議院奈良一区予定候補)とともに、奈良保健所で、お話を伺いました。

 

 第2派ともいわれる7月からの新型コロナウイルス感染症の増加に、保健所では、24時間対応で、フル稼働されています。人手が欲しくても、なかなか応じてくれる人がいなく、増員もできない現状だといわれています。

 

 現在奈良市では、感染者の聞き取り調査で、ほぼ感染経路が確認でき、市中感染が広がっているようなことはない。しかし、すべての感染者に最低でも、一時間以上の聞き取りをおこなって、接触者の確認、消毒や検査などの手配をしなくてはなりません。

 

 また、濃厚接触者は、2週間の自宅待機で、その間、毎日、保健所から症状の確認を行うなど、超多忙です。

 

 市として、発熱外来の建設(プレハブ)をして、直接、発熱者が受診して検査も受けられる体制を準備しています。

 

 PCR検査を拡充するには、政府が、全国一律に制度を作り、大規模な発熱外来センターなどを各県に設置して、いつでもだれでも受けられるように、人もお金も、仕組みも作ってほしい。市町村や現場に、丸投げされても、現状では余裕がなく対応できないと訴えられました。

 

 また、保健所の体制は、どんどん減らされてきたが、効率優先でなく、余裕のある体制にしてほしい。

 

 入院ベットを確保するためには、医療機関へ十分財政支援が必要です。と、訴えられました。

 

      

 

  

posted by: 山村さちほ | 県議団活動 | 23:55 | comments(0) | - | - | - |