Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • 奈良県でも、はやく少人数学級の実現を。
    さちほ (07/09)
  • 奈良県でも、はやく少人数学級の実現を。
    山洋介 (07/08)
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    さちほ (04/30)
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    佛気楽坊 (04/29)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    さちほ (04/19)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    奈良県民 (04/19)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    さちほ (04/17)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    佛気楽坊 (04/17)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    さちほ (04/16)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    佛気楽坊 (04/16)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
一般質問おわりました。

 今回は、知事の挑発的な発言にのっての論争はやめて、医療機関の苦境を訴えて、すべての医療機関への、財政支援を実現してほしいとの主張に集中しました。

 

 しかし、相変わらずの知事の攻撃的な発言、ゆるせない。反論を十分しなかったので、すっきりしません。反省しています。

 

 コロナ禍で、追い詰められている県民の暮らし応援を優先して、大企業を応援するための不要不急の大型開発は見直しをと求めましたが、知事は「新都づくり」という自分の方針がすばらしいと自画自賛して、一切見直さないと答弁。

 

 保健所や保険研究センターの人員削減がゆきすぎているとの質問に、知事は、数の問題ではないと私の指摘に攻撃的に反論。減ってきた理由をいろいろ述べていましたが、実際に、10年で46%も人員が削減されています。数はうそをつきません。本来の公衆衛生業務に支障が出ているのです。

 

 今は有事だから、人を増やすがと、いちおう人員増をするとのこと。しかし、有事に備えるには、日ごろの体制強化が必要です。急にはできません。

 

 県下の開業医や民間病院を含めて、すべての医療機関が、コロナの影響で、収入が激減、存続がむつかしい実態があります。経営難で、医療機関がつぶれたら、今後の、第2派、3派に、県民の命を守ることができなくなります。

 

 知事は「すべての医療機関の経営実態の調査をおこなって、その資料を基に、政府に支援を強く求めて生きたい」と、答えました。

 

 再質問の中で、知事は、ようやく「質問の意味がわかった」とのべていましたが、ほんとうに、つたわったのか?力が要ります。

 

 県民の命を守るために、医療機関を重点とか協力病院とかに分けるのではなく、総力で、一致団結して、コロナと闘おうというメッセージを県が発信してほしい。そのために、県の強力な支援をしてほしいと思います。

 

 何度やっても、反省ばかりで、なかなか、思うようにいきません。

 

   

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:57 | comments(0) | - | - | - |