Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • 奈良県でも、はやく少人数学級の実現を。
    さちほ (07/09)
  • 奈良県でも、はやく少人数学級の実現を。
    山洋介 (07/08)
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    さちほ (04/30)
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    佛気楽坊 (04/29)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    さちほ (04/19)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    奈良県民 (04/19)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    さちほ (04/17)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    佛気楽坊 (04/17)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    さちほ (04/16)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    佛気楽坊 (04/16)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
自立援助ホーム「ミモザの家」にうかがいました。

 県議団で、奈良市に、5月に開設された、自立援助ホーム「ミモザの家」にうかがいました。

 

 これまで、男子をあずかる「あらんの家」を運営されてこられた理事長が、女子をあずかる施設がどうしても必要だと、開設されました。

 

 児童養護施設を退所しても、行き場のない子どもや、家庭崩壊、虐待などで、居場所のない子どもたちをあずかって、自立生活ができるように、支援されています。

 

 新型コロナの影響で、学校が休みの間に、虐待など、保護の必要な子どもたちが増え、6月になって、顕在化しているとのことです。

 

 保護している子どもたちは、さまざまな事情があって、同じ支援が受けられない制度の矛盾もあり、苦労されています。また、職員の体制も、国の基準では、24時間のみまもりをするためには少なすぎます。

 

 ボランティアの方の支援もあって、職員のみなさんの献身的な努力で、なりたっています。

 施設を卒業しても、社会で自立生活が、ちゃんとできているのか、アフターケアも必要です。制度の拡充が求められていると、痛感しました。

 

   

 

           

   一戸建ての住宅を借り上げて、運営されています。

  

posted by: 山村さちほ | 県議団活動 | 23:26 | comments(0) | - | - | - |