Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    さちほ (04/30)
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    佛気楽坊 (04/29)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    さちほ (04/19)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    奈良県民 (04/19)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    さちほ (04/17)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    佛気楽坊 (04/17)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    さちほ (04/16)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    佛気楽坊 (04/16)
  • 西和医療センターに訪問。
    さちほ (08/30)
  • 西和医療センターに訪問。
    妊婦 (08/30)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「平群のメガソーラーを考える会」の皆さんが、県担当課と意見交換。

 自然豊かな平群町の山林を開発して、住宅地の上部にメガソーラーの発電所(48ヘクタール)が作られようとしている問題で、近隣住民の皆さんが、自然環境の破壊や、災害の危険を訴えて、計画の中止・見直しを求めて、運動されています。

  先日、奈良県へ要望書を提出、この回答を聞いて、意見交換しました。

 

 開発事業者は、資本金が10万円で、事務所も不明朗。住民への説明会では、さまざまの質問に、誠実な答えがなく、住民の不安が募るばかりです。

 

 さらに、県へ事業申請した会社が、別会社に変更されようとしていることなど、不可解です。

 

 県は、すでに、書類の申請に基づいて、林地開発の許可をしています。このような事業者が、許可に基づいて、きちんと事業をやっていけるのか?環境破壊や、災害防止の問題はないのか?誰が責任を取るのか?県の考えをただしました。

 

 国のFIT法(再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度)によっても、住民への丁寧な説明で理解を得ることが強調されています。

 現在、奈良県には、県独自に、自然環境や、災害対策、住民との合意などについて、担保する条例はありません。環境を守って、住民の不安にこたえる対策が必要です。

 

  

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:05 | comments(0) | - | - | - |