Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    さちほ (04/30)
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    佛気楽坊 (04/29)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    さちほ (04/19)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    奈良県民 (04/19)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    さちほ (04/17)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    佛気楽坊 (04/17)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    さちほ (04/16)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    佛気楽坊 (04/16)
  • 西和医療センターに訪問。
    さちほ (08/30)
  • 西和医療センターに訪問。
    妊婦 (08/30)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
新型コロナウイルス感染症対策について、県の説明会が開かれました。

 県議会で説明会が行われました。

 

 質問したいことがいっぱいありましたが、つぎつぎと各議員から質問が相次いで、時間切れでした。改めて、各課に問い合わせています。

 

 県の説明では、4月3日までの患者発生状況から、8日間で感染者が倍になり、入院した方は12日間で退院するとみて、5月10日には、250人の患者発生、うち約3割の方が重症・中等症となる推定です。

 このため、県立医大で150床、県総合医療センターで70床を確保するとしています。このベットを空けておくためには、他の病気の方に影響が出るおそれもあります。

 

 また、軽症の方は、自宅かホテルなどの施設を利用できるようにといいますが、いまだ、どこに依頼するのかなど決まっていません。

 

 そのネックは、患者さんの状態を観察してチエックするための、医療従事者の確保をどうするのか、という問題です。医師・看護師も、もともと少ない県ですから、たいへんです。しかし、早い対応・準備が必要です。

 

 県の帰国者接触者外来(新型コロナ外来)は、11か所に増やされましたが、感染防止のために、時間を空けて診察するので、一人当たり2時間かかるとのことです。これも、屋外でテントを利用するなどして、受け入れ数を増やせるように検討されています。

 

 このほか、県立高校・特別支援学校では、休校中は、在宅教育を行うと報告されました。在宅教育は、具体的には、ネットを通じて、Uチューブで授業の動画を見るなどの方法が考えられているようです。そのためのガイドラインは、現在作成中とのことです。

 

 特別支援学校については、これまでのように、希望する生徒は学校で受け入れるとのこと。    

 

 生徒の置かれている環境は、去れぞれ違いますから、全員がちゃんと教育を受けられるようにどうするか?きめ細かい対応とさらなる検討が必要です。

 

 子どもたちや、家族の負担をできるだけ軽減して、子ども主人公で考えてほしいと思います。皆さんの意見も聞かなくてはならないと思います。

 

 いずれも、初めてのことですが、県職員の皆さんと力を合わせて、感染防止、被害防止にとりくまねばなりません。

 

   

 

  

 

  

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:58 | comments(0) | - | - | - |