Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
これでいいのでしょうか?ナフィック(国際料理人学校)の開発

 予算委員会。今日は、農林部の審査で、桜井市の農業大学校に併設した、ナフィック(国際料理人学校)の開発について質問しました。

 

 ナフィックは、開校以来、入学者は、毎年定員割れ。定員20人のところ、15人を超えたことがありません。しかも、途中で退学する人もあり、卒業生は、わずか8人の年も。

 

 民間の学校なら、こんなに業績が悪いと、続けられませんし、生徒を増やすために必死の取り組みをするでしょう。民間委託ですが、県が毎年、運営費用を2億2100万円(今年度予算)も、負担しています。つぶれる心配はありません。

 

 併設した高級なレストランも、利用客数は、年々減少。当初は、毎月平均1700人以上だったものが、現在は、月平均690人ぐらいとなっています。

 

 県は、このナフィックの活性化のために、あらたに、宿泊施設を備えたセミナーハウスを、約15億円もかけて、建設する計画です。

 はじめから、見込み違いで、人気がなく、、いまだ、回復することのできないところに、いくら開発をしても、成功の見込みはありません。

 

 無駄に無駄を重ねる計画を見直して、一部の人しか利用できない高級なレストランではなく、県民が誰もが利用できる、地元密着の活性化策を考えるべきです。

 

   

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:50 | comments(0) | - | - | - |