Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
世界遺産「平城宮跡特別史跡」に新たな建物が建設されています。

 平城宮跡の史跡内には、復元以外の現代的な建物の建設は、できません。新しい展示館や案内のための施設は、指定された史跡の外に建設されています。外であっても、史跡の雰囲気とそぐわないテーマパークのような整備は、賛成できませんが。

 

 どうしても必要なトイレなどは、史跡の中央部を避けて設けることになっていましたが、復元された大極殿のすぐそばに、新たなコンクリートの建物が建設されています。

 

 何のお知らせもなく、突然、建設がはじまり、問い合わせると、新たに復元されている大極殿院の南門のための管理棟だとのこと。何の建物なのかの表示すらありませんでした。

 

 指摘して、やっと表示がされました。大極殿の管理棟とトイレは、すでに、そばに、りっぱな建物建設されています。

 

 こんな風に、次々と、史実に基づかないコンクリートの建物を建設していくことが、当たり前のようになっていいのでしょうか。

 

 今日、宮跡を歩いてみると、朝堂院あとのひろばの舗装で、草原がなくなり、乾いた土ばかりが目立っていました。そこに、復元の大工事現場。風情がありません。

 

   

   

   

 

   

 

 

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:49 | comments(0) | - | - | - |