Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
New Entries
Recent Comment
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    さちほ (12/04)
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    山下 (12/04)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    さちほ (09/05)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    藤田恭子 (09/04)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
県議団で視察

 県議団で、万葉文化館、芸術家村の工事現場も、視察しました。

 

 万葉文化館は、130億円の巨額を投じて建設されました。

 

 当時、建設現場の発掘調査で、富本銭などの製造がされていた工房跡がみつかり、建設場所を変えて、貴重な遺跡を保存してほしいと大きな反対運動に、とりくみました。

 しかし、何が何でも、この墓所に建設をすると強行され、遺跡の上にたってしまいました。とても残念です。

 館内には、発掘された工房跡に関する展示もありますが、すべて、レプリカ、復元資料です。本物を残して、資料館や展示施設にして、見学ができれば、また違った意義があったと思います。

 

 はじめは、万葉集にちなんだ、日本画を書いてもらって展示する美術館として、オープン。高級感のある施設として、あまり、一般には、使いにくい場所でした。

 

 今日、伺うと、いろいろ、苦労しながら、館の運営を工夫して、子どもたちやリピーターが来られるように、改善されたとのこと。

 

 特に、万葉集の発祥の地である奈良の施設ならではの、万葉古代学の研究と、その成果を生かす展示やイベントに人気があるそうです。

 この研究に携わるのは、3人の研究員で、常勤は一人だけ。2人は非常勤で、5年間しか継続して雇用できないとのこと。これでは、良い研究ができないのではないでしょうか。少なくとも、全員常勤として、安定した身分保障をしなくてはと思います。

 

 今度、県が建設している芸術家村は、100億円の建設費用で、文化財修復に関する展示、技術の継承の場、さらには、農産物直売所や民間のホテルも併設する大掛かりな複合施設です。建設が、急ピッチで進んでいますが、内容は、どうなるのか、誰がどんな運営をするのか、明らかではありません。

 内容よりも先に、建設ありきとは?どうなってしまうのか。

 

  

posted by: 山村さちほ | 県議団活動 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        









この記事のトラックバックURL
http://sachiho.jcp-nara.jp/trackback/3655
トラックバック