Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
県議会は、終盤。常任委員会が開かれています。

 6月県議会の代表・一般質問が終わり、常任委員会が開かれています。本日は、文教暮らし委員会、厚生委員会、総務警察委員会が開かれました。

 

 私は、総務警察委員会で、6月補正予算について、政府が10月から消費税を10%に引き上げるため、その影響を緩和するとして、2億円の予算を計上している問題を質問。当初予算と合わせると、7億円の消費税増税対策を実施することとなります。

 

 どんな対策も、一過性であり、そもそも消費が減らないようにするといっても、すでに8%に増税以後、家計は毎月2万円も消費を控えており「これ以上の負担では、やりくりできない」という現実があります。

 

 県民の暮らしや、中小・零細業者の声をどう受け止めているのか?実態を把握しているのか、問いましたが、政府の言い分を主張するだけの答弁でした。政府に、選民の声を届け、増税ストップこそ、今やるべきことと、要請しました。

 

 また、来年度からは、非正規で働く公務員、県庁職員の身分にかかわる新たな法が実施されます。

 これまで、県庁では、職員定数がどんどん減らされ、職員のうち、約26%が、非正規雇用の職員に支えられています。

 

 県民のために、より良い仕事をするためにも、官製ワーキングプアというような働き方をなくして、同一賃金同一労働で、処遇改善、身分の安定が求められます。どう改善されるのか、質問。

 

 五條市の広域防災拠点整備について、新たに2000メートルの滑走路を造る問題では、どれだけ予算がかかるのか、なぜ必要なのか、自衛隊誘致との関係は?など、納得できません。

 

 新たな大型開発を準備する補正予算には、反対しました。

 

    

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        









この記事のトラックバックURL
http://sachiho.jcp-nara.jp/trackback/3614
トラックバック