Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    さちほ (12/04)
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    山下 (12/04)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    さちほ (09/05)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    藤田恭子 (09/04)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
高畑裁判所官舎跡地の高級ホテル建設問題で、奈良市建築審査会へ不服申し立て。

 県が進めている奈良公園高畑の高級ホテル建設強行問題で、近隣住民の皆さんが、奈良市がホテル建設にかかる建築確認を許可したことに、不服を申し立てました。

 

 この不服申し立てを審査する「奈良市建築審査会」が、きょう開催され、申立人の意見陳述が公開のもとで、行われました。

 

 住民代表と代理人の弁護士から、意見が述べられ、審査を行った「なら建築住宅センター」からも、意見が述べられました。

 

 処分庁からは、ホテル建設によって被害を受けるとは考えられず、住民らの不服審査請求は無効であると主張。県が法令にもとづいて計画したものであり、適法であると強弁しました。

 

 住民の皆さんは、住環境を壊され、毎日の生活に支障があり、大きな打撃を受けていると切々と窮状を訴えました。県が一方的に住民の声を聴かず、工事を強行、県に見捨てられた住民を奈良市は守ってほしいとのべられました。

 

代理人の中島弁護士は、京都や東京でも、住民の不服審査請求によって、建築審査会が、許可を取り消した例があると紹介。今回、開発許可を受けずに、建設しているが周辺の環境に配慮しているかどうか、という条件を満たしていない。

 

 また、1,8メートルの盛り土をして、建設すれば、もともとも土地の高さから見れば、高さ規制に違反するのではないかと指摘されました。

 

田中弁護士は、建築審査会の重要性にふれ、そもそも、公共の福祉を増進するという目的に照らして、県や市の強権から、住民を守る役割があると述べられました。

 

 建築審査会の梶委員長は、さらに、意見を聞きたいとして、意見陳述を打ち切りとせず、再度開催すると述べました。処分庁側が、打ち切りを求めましたが、それを退けられました。

 

 真摯な議論を期待したいです。

 

      

 現場は、樹木が伐採されて、森がなくなっています。広い空き地に、ここに建物がたちます。

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        









この記事のトラックバックURL
http://sachiho.jcp-nara.jp/trackback/3606
トラックバック