Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    さちほ (12/04)
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    山下 (12/04)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    さちほ (09/05)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    藤田恭子 (09/04)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
県政要求懇談会

 2月の予算議会を前に、県政への要望をお聞きして懇談する会を開きました。

 

 初めに、5人の県議団から県議会報告。参加してくださった皆さんからご意見を伺いました。

 

 農民連の森本さんから、奈良県農業の実態が報告されました。県の農家この30年で、約1万戸が減少、特に専業農家は、1686戸に激減。新規就農者は、年間30〜50人。担い手の平均年齢が70歳近くになり、農村集落の維持がむつかしくなっているとのこと。

 

 耕地面積も30年間に7800へタールの減少。米価も下落して、コメ作りも苦境にあります。

 

 しかし、頑張って農業生産額を増やしている市町村もあり、そこから学んで、県や市町村が地域農業の再生のために、特別の努力と支援が必要と訴えられました。

 

 中でも、奈良県は台風災害への支援では、近隣他府県に比べてとても、冷たく、農家が離農せざるを得ない実態があります。何とかしてほしいと切実な要望です。

 

 参加者からは、国民の食料を守る最も大切なことに、政府も県も本腰を入れてほしい。自給率があまりにも低く、心配だとの意見も出されました。

 

 このほか、小中学校の統廃合問題や、水道広域化についてなど、意見がだされました。

 

   

posted by: 山村さちほ | 県議団活動 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        









この記事のトラックバックURL
http://sachiho.jcp-nara.jp/trackback/3457
トラックバック