Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
New Entries
Recent Comment
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    さちほ (12/04)
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    山下 (12/04)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    さちほ (09/05)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    藤田恭子 (09/04)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
1300年の時を超えて守られた奈良公園の景観を守ろう「東大寺山堺四至図」と奈良公園

 古都奈良世界遺産登録運動20周年記念講演会が、開かれました。

 

 奈良市長・奈良市教育長からも、メッセージが寄せられ、市民の保存運動で守られた遺産が登録された意義、市民の運動が後押ししたことを述べられていました。

 

 ところが残念なことに、奈良県や国土交通省が、平城京の地下にトンネルで高速道路をとおす計画や、知事が奈良公園に高級ホテル建設をすすめるなど、世界遺産を壊しかねない計画が進められています。文化財保存全国協議会事務局長の杉田義先生から、市民の運動と現状について報告されました。

 

 京都大学の吉川真司教授が「東大寺山堺四至図」を読み解くと題して講演されました。

 

 東大寺の範囲を示す、奈良時代の絵図は、正倉院宝物として残されており縦横2メートルを超える大きな麻布に、方眼を入れ、絵が描きこまれたもの。

 

 この絵をもとに、実際の場所を歩いて、建物や地名、山や川などの調査・研究をされて、歴史を紐解かれました。とても興味深いお話です。

 

 聖武天皇の死後、東大寺の寺地の範囲を決めるために書かれた図には、756年ごろ、今から1260年も前のことですが、ほとんど今と変わらない山、川、寺院、田の地名や、様子が描かれています。

 

 今の奈良公園に受け継がれています。まさに、1000年の時を超えて、保存された景観です。感動しました。

 

 この地に、一時的なお金もうけのために、ホテルやレストランなどの新たな開発のなんと、愚かしいことか。なんとしても守らねばと思いを新たにしました。

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        









この記事のトラックバックURL
http://sachiho.jcp-nara.jp/trackback/3424
トラックバック