Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    山本 和敏 (02/24)
  • 一般質問、奈良公園に高級ホテル建設を何が何でも進める知事の無謀が明らかに。
    朴念仁 (01/20)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    さちほ (06/01)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    NakajimaMototugu(中島素紹) (05/31)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
25回目の奈良市平和のための戦争展

 奈良市平和のための戦争展は、1981年に始まり、今年25回目の開催となりました。

 

 実行委員会のみなさんが、展示も工夫して、戦争体験を聞いたり、映画の上映や歌声、紙芝居などなど、毎回多彩にとりくんでおられます。大切な活動続けられた皆さんに、感謝です。

 

 今日は25回を迎えた記念の集会が開かれ、鈴木知英子さんの戦争体験をお聞きしました。1932年生まれ、86歳。13歳の時、奈良県王寺町で、機銃掃射に会い、被弾されました。今も、その時受けた銃弾が体に残り、苦しめられています。

 

 当時の生々しく、恐ろしい体験が今も鮮明に残っていること、戦争でわが子を失っても悲しめない母親、皆、戦場で死ぬために生きたこと、戦争で失った人間の心、今も深い傷が残っていることをお話しされました。

 

 「この空に、二度と弾の雨降らすまじ」と、子どもたちに、平和の大切さを語っておられます。

 

 この戦争展にも、偏っているといった攻撃がされるなど、平和憲法9条を変えようという安倍政権の下で、自由な言論が脅かされる風潮がおこっています。

 

 民主主義がこわされることは、戦争への道、歴史が教えています。市民の連帯した闘いで、平和を守りましょう。

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://sachiho.jcp-nara.jp/trackback/3278
トラックバック