Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    さちほ (09/05)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    藤田恭子 (09/04)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    山本 和敏 (02/24)
  • 一般質問、奈良公園に高級ホテル建設を何が何でも進める知事の無謀が明らかに。
    朴念仁 (01/20)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「奈良県の医療問題を考える」学習会

 革新懇主催で、奈良県政についての連続学習会がはじまりました。今日、第一回は「奈良県の医療問題を考える」テーマです。

 

 奈良民医連の山崎直幸事務局長が、講演。奈良県医療の現状や課題について、県の計画などに基づいて、わかりやすく問題提起されました。

 

 県が進める医療は、県民のためではなく、政府が進める医療介護を一体に、自助・共助を持ち込んで解体、社会保障としての公的責任を放しようとする方針に、基づいている。奈良モデルは、全国でも、もっとも、政府に忠実な先進例。と、きっぱり批判されました。

 

 知事は、政府の経済財政諮問会議によばれて、国保県単位化で保険料の引き上げや、医療費適正化計画で地域別診療報酬(奈良県だけひきさげる)の導入、地域医療構想で急性期病床の削減などの奈良県の取り組みを高く評価されたと、自慢しています。

 

 本来、医療は、お金のあるなしで差別されるのではなく、誰もが安心して受けることができるように、社会保障として国の責任で、権利として保障されなくてはなりません。

 

 県民の命と暮らしを守るために、医療や介護の自己責任化、県や国の責任放棄を許さず、闘う力を大きく、共闘を広げていきたい。

 

 多くの人に、知らせていかなくてはなりません。

 

       

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://sachiho.jcp-nara.jp/trackback/3277
トラックバック