Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
中学校道徳教科書の採択について申し入れ

 2015年、文科省が道徳の教科化をきめ、小学校は今年の4月から授業がはじまり、中学校は、道徳教科書の採択が行われます。

 

 そもそも、道徳を教科として教え評価することは「文科省の決めた徳目を子どもに押し付けることになる、検定教科書では、題材など内容が画一的になる、道徳の評価は、子どもたちの内心の自由を脅かすことになる」など問題が多く、戦前の修身のように愛国心・軍国主義を押し付けるような誤りを繰り返しては、ならないと思います。

 

 今日は、「子どもと教科書奈良ネット21」の代表委員樽井幸一郎先生と、奈良市の奥野先生がこられ、一緒に、県教育委員会へ申し入れしました。

 

 県立中学校の教科書選定が行われますが、教科書ネットでは、この間の中学校教科書採択をめぐって、教科書展示会などで調査して、看過できない問題がある「日本教科書株式会社」の教科書について、申し入れ、丁寧に説明されました。

 

 安倍首相のブレーンが設立した教科書会社であり、間違いが多く、内容も短絡的無味乾燥、真珠湾での安倍首相の演説が引用されたり、伊勢神宮をとりあげたりと、日本国憲法の政教分離や宗教的中立に反し、教科書検定基準にも違反するのではとのことです。

 

 このような教科書が採用されることのないように、しっかりと検討していただきたい。

 

 県教育委員会では、教科書採択の委員会を公開しています。関係者、教師の意見をよく聞いて、決定してほしいものです。

 

      

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック