Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Recent Comment
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    山本 和敏 (02/24)
  • 一般質問、奈良公園に高級ホテル建設を何が何でも進める知事の無謀が明らかに。
    朴念仁 (01/20)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    さちほ (06/01)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    NakajimaMototugu(中島素紹) (05/31)
  • 残念、骨が再生されていませんでした。
    さちほ (03/20)
  • 残念、骨が再生されていませんでした。
    清水 辰馬 (03/20)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
奈良県総合医療センター、ER救急医療について視察。

 県北部地域の救急医療の中心的な役割を果たす救命救急センターが、併設されている県総合医療センター(県立奈良病院)で、ER救急の実情について、お話を伺いました。

 

 これまで、病院と別組織になっていた救命救急センターを改変して、病院の当直体制と一体に運営して、2次・3次救急をすべて受け入れいる、原則断らない救急医療の体制を強化。これまで院長が兼務していた、救命救急センター長と救急科部長を専任として、11人の医師、52人の看護師の体制としたとのこと。さらに、病院の内科・外科当直医師、外来看護師も、必要に応じて協力することができるようになっているとのことで、救急患者の受け入れは、増えています。

 

 救急車の受け入れは一日で、12件から19件。時間外の救急患者受け入れは、自力で来られる方も含めて月に584人(29年1月)と増えています。一日平均32名が入院となるそうです。

 

 救急搬送が重複する場合を除いて、ほぼ、受け入れてもらえることは、とても安心です。病院長、センター長、救急部長の先生方は、患者さんの命を守りたいと、情熱を持ってがんばっておられます。

 

 しかし、医師、看護師の負担は大きく、かなり、厳しい労働環境であることは、今後の課題です。

 

 救急受け入れで、安定した患者さんは、地域の病院と連携して、転院することや、地域の病院で入院中の病状悪化の際の受け入れなど、地域との連携強化も、今後さらに進めていくべき課題とのことです。

 

 いま、総合医療センターは、建て替えがすすんでおり、今後は移転して、さらに、高度医療を中心として、強化増床される計画です。県民の命を守るとりでとして、医師・看護師など医療スタッフの確保や、医療の充実を図れるように、県として責任を果たしてほしい。

 

  

  

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://sachiho.jcp-nara.jp/trackback/2737
トラックバック