Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    山本 和敏 (02/24)
  • 一般質問、奈良公園に高級ホテル建設を何が何でも進める知事の無謀が明らかに。
    朴念仁 (01/20)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    さちほ (06/01)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    NakajimaMototugu(中島素紹) (05/31)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
県議会の役員改選、委員会所属が決まりました。

 昨日の県議会最終日、新しい議長、副議長を選出。委員会の所属が決まりました。

 

 選挙の結果、議長には、川口議員(創生なら)副議長は、奥山議員(自民党なら)が選ばれました。

 

 委員会の所属は、ひきつづき、総務警察委員会と女性活躍・少子化対策特別委員会です。来春の改選まで、あと9か月。皆さんの声や願いを届けて、頑張ります。

 

 本会議では、共産党の5人の議員全員が、登壇して発言することとなりました。

 

 今井県議が、経済労働委員長として報告、小林県議が、防災・県土強靭化特別委員会委員長報告、宮本県議が、高校削減問題での反対討論、太田県議が「空き家対策を求める意見書」提案、私は、議員定数削減の条例改正に反対討論しました。

 

 自民党会派の議員からも「今議会は、共産党大活躍ですね」と、声がかかりました。

 

    

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
6月定例県議会、高校削減計画の採決が行われました。

 本日、最終本会議でした。議案の採決、意見書の決議、議長・副議長選挙が行われました。

 

 県立高校削減計画と「採決を急がず、丁寧な説明を求める請願書」は、傍聴席にいっぱいの皆さんが見守るなかで、採決されました。

 採決に先立ち、宮本次郎県議、公明党の山中県議、無所属の川田県議が、反対討論。賛成討論はありません。

 

 計画案は、反対9(日本共産党 宮本・今井・小林・太田・山村 国民民主 井奥 維新の会 中川・佐藤 無所属 川田)賛成28(自民党10・自民党なら8・自民党2・創生なら5・維新の会2・国民民主1)退席5(公明 岡・山中・大国 国民民主 森山・田尻)で可決。

 

 請願書は、賛成13(日本共産党5・公明党3・無所属 川田・自民党なら 小泉・国民民主 井奥・森山・田尻)反対29(自民党10自民党なら7・創生なら5・維新の会4・自民党絆2国民民主1。という結果でした。

 

 維新の会や、国民民主党は、党内で意見が分かれました。請願書に賛成した公明党は計画案には退席。県民の切実な声を、県議会がしっかりと受け止めなくてはならないと思います。

 

 本当に残念、悔しい結果です。しかし、あまりにも、県民不在で、一方的な計画、とりわけ、当事者である生徒の意見を聞かない県教育委員会は、異常です。

 

 計画を具体化していくのは、9月議会での条例(学校の廃止や校名)制定です。ひきつづき、強引な進め方を許さず、力を合わせて、計画中止を求めて、がんばります。

  

       

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今日は、総務警察委員会でした。

 危機管理監から、大阪北部地震による奈良県内での被害や、その後の対応などについて報告がありました。幸いに、県内での被害は、いずれも軽微なものでした。

 

 しかし、ブロック塀等の安全点検では、公立・私立学校、県有施設、病院や福祉施設において、危険個所が多くあり、早急な対応が求められています。

 

 県・市町村では、民間のブロック塀などの安全対策について、相談窓口を設けて、建築基準法法に適合しているかなど、相談に応じるとのことですが、私は、改修や取り壊しなどにかかる費用について、県としての支援策を実施すべきと求めました。

 

 また、南海トラフ地震、奈良県内の活断層の地震の危険は、一層高まっていることから、大阪北部地震から教訓をくみ取り、対策を強化すべきと求めました。

 

 とりわけ、命に係わる家具の固定や、住宅の耐震化、初期消火など、万全の対策が必要です。

 

 家具の下敷きで亡くなった方もおられます。一番簡単にできるのに進んでいません。静岡県や高知県など進んだところでは、家具固定をする人が各家庭を訪問して、低額で実施されています。

 

 県でも、高齢世帯や希望する世帯への派遣制度を実施すべきです。まず、できることから始めてほしい。真剣な取り組みを求めます。

 

 他の会派の委員からも、質問があいつぎました。

 

    

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本日の文教くらし委員会で、県民の切実な思いをこめた請願が、否決されました。

 本日の文教くらし委員会には、傍聴の皆さんが駆け付け、委員会はいっぱいになりました。

 

 ところが「県立高校削減計画の採決を急がず、丁寧な説明を求める請願書」は、反対多数で否決されました。賛成は、日本共産党と公明党だけ。

 

 また削減計画そのものも採決され、自民党、国民民主党、創生ならの賛成多数で議決されました。反対は、日本共産党と維新の会。公明党は、採決に加わらず退席しました。

 

 多くの県民が見守る中、日本共産党の宮本次郎県議が、県民の切実な思いや怒り、不安の声を代弁して、拙速な採決に異議申し立て、奮闘しました。

 

 悔しい思いでいっぱいですが、皆さんの頑張りは、すばらしい。今後も力を合わせて、県の思い通りには進めさせず、校名を残すことや教育内容を見直すことなど、あきらめず、闘っていきたいと思います。

 

 来年4月は、県知事と県議会の選挙です。県民の声を代弁できる議席を増やしましょう。

 

    

 

    

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明日、高校再編計画を審議する文教暮らし委員会が開かれます。

 明日、大問題になっている県立高校再編計画の採決を行う、文教暮らし委員会が開かれます。午後1時から、県議会第2委員会室です。

 

 宮本次郎県議が、市民から提案された「計画の早速な採決を行わず、丁寧な説明を求める請願書」の紹介議員として説明を行い、請願についての審議と、再編計画の採決が行われる予定です。

 

 今日も、県教育委員会へ、県立高校削減問題を考える会から、2次分の署名が届けられ、6000筆を超えました。さらに、平城高校同窓会・後援会・有志のみなさんからも、20600筆の署名が届けられました。

 

 短期間に、これほどの署名が寄せられています。明日の委員会審査では、委員のみなさんが、この県民の思いを受け止めてくださることを願っています。

 

 是非、傍聴にお越しください。県議会のインターネット通信でもご覧いただけます。

 

    

        県庁に到着した平和行進の皆さんを、お迎えしました。

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今井光子県議が一般質問しました。

 今日は一般質問。今議会の質問者の多くが、県立高校統廃合問題について、発言で触れています。それだけ、県民的関心が大きいのです。

 

 今日は「拙速に結論を急がず、良く意見を聞いてほしい」党派を超えて、意思表示がされました。

 

 日本共産党からは、今井光子県議が質問。

 

 テーマは、(刃造砲弔い董ヽ吠軸鏘愡濔鯡鵑猟結を政府に求めてほしい。香芝市の戦争遺跡「どんづるぼう」の保存を。

      医療費適正化計画について

      主要農産物種子法廃止後の対応について

      そ擦泙い離察璽侫謄ネット

      ザ疑Πの働き方改革

      δ務慙の安全点検

 

       

  

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
県議会の定数削減がきまりました。

 来春の県議会議員選挙に向けて、定数検討委員会が開かれてきました。今日の委員会で、生駒郡区を1減らすことが、決まりました。

 宮本次郎県議の選挙区です。2人区で議席を得るのは、大変厳しい。

 

 もともと、奈良県議会の定数は、44で、地方自治法による法廷定数 52 から見てもすくなく、人口規模が同程度の青森・長崎・愛媛県と比べても、少ない現状です。

 

 人口がほぼ同じの、香芝市の定数が2で、生駒郡が3ということが減らす理由ですが、一票の格差で見たら、吉野郡との差は改善されません。

 本来なら、人口が増加傾向にある香芝市を3に増やすことが必要です。議員の定数は、県民の多様な意見を反映できるように、少なければいいということではないと考えます。

 

 一人増やすための予算は、議員報酬の削減や費用弁償の廃止などで、生み出すことができます。私たちは、財源も示して、香芝市の定数を3にすべきと提案してきました。

 

 検討委員会の結論を受けて、最終本会議に提案されて、採決されます。(7月3日)

 

   

 

 

 

 

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
宮本県議が代表質問しました。

 県立高校再編計画の見直しを求める多くの関係者の皆さんが、傍聴にお越しいただき、鳴りやまない拍手で、激励してくださいました。これまでにない、大反響に、他会派の議員も驚いていました。

 

  しかし、教育長の答弁は、到底納得できるものではありませんでした。なぜ、平城高校がなくなるのか、なぜ、奈良高校にとって代わるのか。高円・登美ヶ丘・西ノ京、すべて校名が変えられる合理的な理由もありません。

 

 子どもの数が、1000人減少するから仕方ないといいますが、学校を減らさずとも、少人数学級にしたり、クラス数を減らすなど、やり方はあります。

 

 教育長は、10年前の統廃合で、畝傍高校と耳なし高校が合併して、耳なしの校名がなくなって、子どもたちが傷ついたことを反省していると答えましたが、反省しているなら、どうして、また同じことを繰り返すのでしょうか?

 

 署名は、瞬く間に、集まっています。今度は、28日の文教くらし委員会での議論と採決です。世論と運動をさらに広げて、止めましょう。

 

   

 

 

 

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
宮本県議の代表質問は、6月22日です。

 6月定例県議会の代表質問は、6月22日からはじまります。日本共産党は、宮本次郎県議が、質問に立ちます。

 

 テーマは、々駝鰻鮃保険の県単位化にともなう問題について

      京奈和自動車道大和北道路について

      三郷町東信貴ケ丘での台風による住宅擁壁崩落問題について

      ぞ中学校普通科教室へのエアコン設置について

      ジ立高校再編問題について

 

  6月22日4番目、午後4時10分からの予定です。ぜひ、傍聴にお越しください。奈良テレビで同時中継します。

 

 一般質問は、6月26日 午後1時から 今井光子県議が、おこないます。

 

    

 

    

 

    

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
6月定例県議会が始まりました。

 6月定例j県議会は、今日開会しました。 7月3日までの予定です。

 

 今議会に、県立高校削減計画が提案され、議決案件として採決の予定です。

 

 

 反対する県民の皆さんから、拙速に進めないように、今議会での議決を見送るように求める請願書がだされ、自民党奈良、維新の会、日本共産党の紹介議員で、上程されました。

 

 28日の文教暮らし委員会で、審議される予定です。皆さんの声を、委員会の議員に届けましょう。ぜひ、傍聴にお越しください。

 

  

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |