Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    さちほ (12/04)
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    山下 (12/04)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    さちほ (09/05)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    藤田恭子 (09/04)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
奈良市庁舎の耐震化問題で、知事が強引に介入。

 奈良市庁舎の耐震化について知事が、執拗に自分の意見を述べて介入を繰り返しています。

 

 市庁舎は、市民の財産であり、どこに作るのか、どんなものにするのか、市民と市議会が決めることです。知事のやりかたは、地方自治法の趣旨にも反します。

 

 市長が、耐震化工事を行えば、まだ30年は使えると、耐震化予算を提案したことに対して、突然、荒井知事が、耐震化よりも移転するべきと言い出しました。

 

 知事自身が「庁舎をどうするかは市が決めることで、県に権限はない」と言いながら、自分の進めてきた大宮プロジェクト(高級ホテル建設や朱雀門まえの開発)のために、市庁舎を移転して、跡地をホテル業者や民間事業者の引き合いがあるから売却すべきだといい、移転先は、平城宮跡前の積水工場跡地にすればいい、そこにもホテルを併設する案を示すなど、とんでもありません。

 

 市民にとっては、利便性の問題や多額の税金がかかる事業(耐震化なら約35億円、移転建て替えは約221億円とされている)であるのに、市民そっちのけで、自分の開発計画を押し付けるものです。

 

 多くの市町村では、庁舎を移転するとなれば、市民的な議論に何年も時間をかけ、議会でも、十分議論を尽くし、全会一致で決定するなどしています。

 

 奈良県の活性化策として、知事はホテルを核とするとして、あちこちにホテル建設を推進していますが、こんなことで活性化するのでしょうか。市役所前の高級ホテルを核とした開発で拠点を作りたい、平城宮跡前にも、市庁舎を移転してホテルを作る、奈良公園高畑の高級ホテル、知事公舎周辺にもホテルを核として開発、芸術家村にもホテル誘致、中央卸売市場にもホテル、桜井のナフィックのオーベルジュなどなど。さらに市所有のならまちセンター前の駐車場を買収してホテルを作りたいとの案がだされた。

 

 もっと、地域の頑張っている商店や観光業者のみなさんと力を合わせて、奈良の観光をどうするのか、考えていかねばと思います。

 

   

  夜遅くまで、電気が消えない県庁舎。

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
6月県議会が閉会しました。

 本日、議案の採決、意見書の提案などを行って、6月定例県議会が閉会しました。

 

 太田県議から共産党提案の「性犯罪に反する刑法既定の見直しを求める意見書」が提案され、全会一致で採択されました。

 

 私は、議案の反対討論しました。一般会計補正予算は、総額256億円、遅れている県営施設の耐震化など、必要な予算もありますが、不要不急の大型開発を推進する予算が盛り込まれています。

 

 五條市に設置する広域防災拠点に2000メートルの滑走路建設計画や、リニア新幹線奈良市付近駅から、関西空港までを、新たなリニア新幹線を建設してつなぐ計画など、荒唐無稽としか言いようのない予算化です。

 

 また、桜井のオーベルジュは利用客が減少しており、生徒も毎年、定員割れになっている国際料理人学校のために、宿泊施設付きのセミナーハウスを建設する計画も、本当に必要なのか、地域活性化に役立つのか、何の検証もされていません。

 

 また、10月の消費税増税を見込んでの、手数料の引き上げ、税条例の改正などにも、反対しました。

 

    

 

  

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
県議会は、終盤。常任委員会が開かれています。

 6月県議会の代表・一般質問が終わり、常任委員会が開かれています。本日は、文教暮らし委員会、厚生委員会、総務警察委員会が開かれました。

 

 私は、総務警察委員会で、6月補正予算について、政府が10月から消費税を10%に引き上げるため、その影響を緩和するとして、2億円の予算を計上している問題を質問。当初予算と合わせると、7億円の消費税増税対策を実施することとなります。

 

 どんな対策も、一過性であり、そもそも消費が減らないようにするといっても、すでに8%に増税以後、家計は毎月2万円も消費を控えており「これ以上の負担では、やりくりできない」という現実があります。

 

 県民の暮らしや、中小・零細業者の声をどう受け止めているのか?実態を把握しているのか、問いましたが、政府の言い分を主張するだけの答弁でした。政府に、選民の声を届け、増税ストップこそ、今やるべきことと、要請しました。

 

 また、来年度からは、非正規で働く公務員、県庁職員の身分にかかわる新たな法が実施されます。

 これまで、県庁では、職員定数がどんどん減らされ、職員のうち、約26%が、非正規雇用の職員に支えられています。

 

 県民のために、より良い仕事をするためにも、官製ワーキングプアというような働き方をなくして、同一賃金同一労働で、処遇改善、身分の安定が求められます。どう改善されるのか、質問。

 

 五條市の広域防災拠点整備について、新たに2000メートルの滑走路を造る問題では、どれだけ予算がかかるのか、なぜ必要なのか、自衛隊誘致との関係は?など、納得できません。

 

 新たな大型開発を準備する補正予算には、反対しました。

 

    

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
小林県議が一般質問

 奈良もようやく梅雨入り。まだ、雨は降っていませんが、梅雨と同時に、台風がやってくるなんて、どうなっているのでしょう。

 

 県議会は、一般質問です。日本共産党からは、小林てるよ県議が、質問。

 

 保育所の待機児童の解消、保育士の処遇改善について、地域医療構想で身近に医療が受けられなくなることにならないか、無料定額診療制度の活用と普及についてなど、問いました。

 

  

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
今井県議が、代表質問。

 県議会代表質問2日目。日本共産党から、今井光子県議が質問に立ちました。

 

 知事選挙では、民意を無視した県政運営に大きな批判がたかまり、知事の得票が2人の対立候補よりも少ない結果となりました。知事に、この選挙結果を受けて、県政運営の方針を変更する考えはないか問いました。

 

 知事は「自分のこれまでの県政運営に信任を得た。これまでの考えを変えることはない」と強弁。まったく、民意は関知しない態度です。

 

 また、知事は、消費税増税は、福祉のために必要であり、県としても、増税の影響を緩和するための対策に、7億円を補正予算で計上すると答弁。

 

 五條市の広域防災拠点に、2000メートルの滑走路をつくるのは、巨大地震が起こった時の救助に人や物を集めるのに有効だとのべ、自衛隊の誘致よりも急いで、整備すると答えました。

 

 ところが、次の維新の会の質問には、リニア新幹線の駅が奈良市付近にできたら、そこから、五條市から和歌山周りで、関西空港に常電動リニア新幹線を建設する計画だとのべ、その新幹線のためのトンネルを掘ったら、出てくる土をつかって、滑走路を造るなどと発言。

 一体、何を考えているのか?

 知事の空想的な発想としか思えません。そんな計画のために、予算を計上するなんて、とんでもありません。

 

 教育長は、県立高校再編計画について、生徒の意見も聞かずに進めたことについて「何事も、始まりがあれば、終わりがある」とのべ、意見も聞かず、一方的に計画を進めたことに、何の反省もありません。

 

   

 

 

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
県議会代表質問がはじまりました。

 今日から、代表質問です。人数が多い順なので、自民党、自民奈良、創生奈良、新生ならの4会派が、質問しました。

 

 自民党は、知事再選のお祝いをのべて、知事の抱負を聞くので、知事の言いたい放題。

 

 私たち共産党は、明日、今井光子県議が、代表質問に立ちます。午後1時から、奈良テレビで中継があります。

 

 テーマは、|了選挙の結果について ⊂暖饑覗税について A躪臻漂匍鯏世2000メートルの滑走路がなぜ必要なのか 

 8庁の働き方改革について と達障がい児への支援について ゥ丱好拭璽潺淵襪砲弔い董´Ω立高校再編計画について。などです。

 

 ぜひ、傍聴、テレビをご覧ください。

 

   

  写真は、JR・運輸後援会のみなさんの決起集会で。

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
6月定例県議会開会しました。

 知事から、所信表明、補正予算の提案がありました。合計256億8200万円。

 

 五條市への総合防災拠点整備に、2000メートルの滑走路建設計画や、それにともなう関空接続のリニア新幹線に関する調査費用、中央卸売市場の開発計画策定、桜井のナフィックの新たな賑わいづくりやセミナーハウスの建設、奈良市中町の駐車場へ道の駅建設計画策定、平城宮跡周辺の渋滞対策の検討と近鉄線の移設に関する調査・検討費用などなど、大きな開発計画を次々と進めようとしています。

 

 2000メートルの滑走路や、関空へのリニア新幹線(奈良新線)など、荒唐無稽としか言いようがありません。一体なんのため!?平城宮跡近鉄線移設など、県民的議論と住民合意が必要です。

 

 そのほか、消費税10%増税の影響を軽減するとして2億円の景気対策、ようやく、耐震対策が遅れていた県有施設の耐震化を始めますが、応急的な対応です。

 

 代表、一般質問、委員会で、問題を追及します。ご意見もお寄せください。

 

 代表質問は、今井県議が6月25日午後1時から。一般質問は、小林県議が6月27日1時50分からの予定です。

 

    

           控室で、団会議です。会議室は、窓があり明るくなりました。

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
6月定例県議会は、明日開会です。

 6月定例県議会は、明日開会です。統一地方選後最初の議会となり、知事からは、補正予算が提案されます。

 

 知事選挙では、対向して立候補した2人の得票が、荒井知事の得票を上回りました。選挙で示された県民の意思をどう受け止め、県政に生かしていくのか、知事の姿勢を問い、論戦していきたいと思います。

 

   

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
奈良県に2000メートルの滑走路建設!???広域防災拠点整備計画

 今日は、総務警察委員会。改選後の新しいメンバーでの初めての会議です。理事者と議員、それぞれ初顔合わせの自己紹介です。

 

 私は、 奈良県が計画している五条市での広域防災拠点に、あらたに2000メートルの滑走路を建設することについて、質問しました。

もともと、県は、五条市に、自衛隊の駐屯地を誘致したいと政府に要望していましたが、この願いはかなわず。

 

 この予定地に、広域防災拠点を併設するとして、計画を進めてきました。私たちは、自衛隊の誘致を待たずに、防災拠点の整備をすすめること、老朽化して危険な県消防学校を早く、この地に移転建て替えをしてほしいと繰り返し要望してきました。

 

 県も、先行して、防災拠点と消防学校の建て替え計画を進めることになりましたが、その際に2000メートルの滑走路を造るというのです。空港もない奈良県になぜ必要なのか?建設費はいくらかかるのか?

 何のために整備するのか?県は、東日本大震災時に、山形空港の滑走路が役立ったからと答弁がありました。山形空港は空港だから利用できたのです。しかも、自衛隊が利用したのです。

 

 知事の案(知事選挙時の公約)では、滑走路の建設には、リニア新幹線のトンネルを掘った残土を使用することや、将来は、奈良から関西国際空港へ接続新幹線として利用すると、述べています。何ということでしょう。

 

 理解できない計画です。

 

        

  

    

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
県議会の役員、委員会所属が決まりました。

 今日、再開された県議会で、議長・副議長が決まりました。毎年、深夜までかかっていた議長選挙ですが、改善を求めてきましたが、今回は、開会してすぐに選挙になり、決定しました。

 

 議長に、粒谷議員(生駒市選出)副議長に、森山議員(橿原市選出)

 

 所属委員会は、今井県議が文教くらし委員会委員長と南部東部地域振興対策特別委員会

        小林県議が厚生委員会と総合防災対策特別委員会

        太田県議が建設委員会と地域交通対策特別委員会委員長

        山村が総務警察委員会と少子化対策・女性の活躍促進特別委員会副委員長 に決まりました。

 

 次は、6月定例議会で、審議、論戦がはじまります。

 

   

 

 

  

 

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |