Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
奈良こわし無駄遣い現地見学会

 民青同盟の仲間が、奈良の無駄遣いの現場を見て、学習したいとリクエストがあって、奈良公園を案内しました。

 

 バスターミナルでは、人がまばらな広い空間だらけで、レクチャーホールもがらがらに、驚いていました。45億円の建物は豪華な箱そのものです。年間の維持・経費に3億円です。

 

 高畑の高級ホテルとレストランは、急ピッチで建設がすすみ、森がなくなって、建物が姿を現していました。なんと、庭園のあるレストラン側の入り口には、大きな門が作られていますが、周囲の雰囲気になじまないことこのうえない。残念な姿でした。

 

 どうして、お金もうけのためのホテルが、規制の厳しい名勝地の中に建てられるのか?納得いかないと憤慨。奈良は、どうなっているの?と率直な疑問が出されました。

 

   

   急ピッチで進む高級なホテル!森だった木々がすべて伐採されてしまいました。

 

   

   浮御堂の向かいにあらわれたレストランの入り口。大きな門です。

 

 

  

 

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:35 | comments(0) | - | - | - |
        
奈良市消防出初式

 新年の消防出初式でした。いつも、寒さに震えながらの式典ですが、今年は、驚くほど暖かい一日でした。

 

 オープニングは、女性隊員(広報指導分団)の稼働ポンプ操法の披露からです。きびきびと訓練の成果が発表されました。

 

 災害が相次ぐ中、日ごろの備えが大切です。消防団、消防職員の皆さんに感謝です。

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:26 | comments(0) | - | - | - |
        
田原本町議補欠選挙支援に。

 14日告示ではじまる田原本町議補欠選挙の応援に、行ってきました。一議席を3人で争う様相です。

 

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:51 | comments(0) | - | - | - |
        
女性後援会のみなさんと学習会

 女性後援会の皆さんと、党大会決議案の学習しました。

 

 「少しづつ読み、繰り返し議論する中で、社会は前進していることや、自分たちの活動の値打ち、意義に確信が持てた」「ワクワクする希望が持てた」との感想がだされました。

 

 どうやって、仲間を迎えているか、経験を交流しました。幅広い世代と身近な要求で結びつきを広げている女性の活動は、宝です。

 

   

 

 

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:26 | comments(0) | - | - | - |
        
学校給食に安全な食材を、新日本婦人の会から申し入れ

 先日、新日本婦人の会のみなさんが、学校給食のパンや、うどんなど小麦製品を安全な食材にしてほしいと要望に来られました。

 

 輸入小麦から農薬、発がん性のあるグリサポートが検出されている問題で、心配が広がっています。奈良県では、学校給食の食材について、300項目の検査を実施しており、グリサポートが問題となっているので、現在は301項目に増やして検査を実施。これまでのところ、異常は検出されていないとのことでした。

 

 ただし、抜き取り検査なので、完全に安心というわけではありません。できるだけ、奈良県産の食材を使えるように、努力しているけれども、必要な時に、必要な量がそろわないことがネックとなっています。

 

 奈良県産の小麦は、うどんには適しているけれど、パンにはむかず、うまく膨らみにくいため、輸入小麦をまぜています。県では、

小麦の品種改良にとりくんでおり、間もなく、栽培ができるそうです。しかし、輸入小麦の価格が安いため、国産は売れない、米の転作作物として補助があるので作っているような状況だということでした。

 

 米や麦、主食をつくって、農家が暮らしていける農業にしなくてはなりません。安全な食料は、日本の大地から、農業を大切にする国であってこそです。

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
12・8老朽原発うごかすな!関電包囲大集会

 オール福井反原発連絡会の皆さんが呼びかけ、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良から、リレーデモで、関電前に、1000人を超える人が集まりました。

 

 党派や運動団体の垣根を超えて、600団体以上の賛同で、開かれたオール関西の集会です。奈良県議会脱原発議員連盟から、今井県議とともに参加。

 

 とても寒い日でしたが、関電ビルに向かって「ワイロより廃炉!」と、大きな声でコール。

 

 各県の各団体のみなさん、労働組合、裁判で闘う方々、福島から避難されている方、遠くは、川内原発の鹿児島、伊方原発の愛媛、東海原発の茨木、大間原発の青森からの連帯挨拶も。皆さん、力強く、原発廃炉、脱原発を訴えられました。

 

 それにしても、関電の腐敗、利潤第一で安全そっちのけ、許せません。同時に、安倍政権への怒りも。

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
非核平和の集い  被爆体験証言者「梶本淑子さんのお話」

 非核の政府を求める会の主催で、非核平和の集いが開かれました。

 

 広島の被爆体験証言者の梶本淑子さんのお話をお聞きしました。梶本さんは、88歳。ご高齢ですが、とても熱心に、心を込めてお話しくださいました。

 

 14歳の中学生の時、勤労奉仕の飛行機を作る工場で作業中に、被爆。一瞬にしてつぶれた工場の下敷きとなり、身動きもできないところから、一緒に下敷きとなった友達と、励ましあって、命からがら、大けがをしながらも抜け出すことができたそうです。

 

 しかし、生きるも地獄の体験。涙なしには聞けません。梶本さんは、お孫さんに強く進められて、体験を語るようになったそうです。

 

 ある時、話を聞いてくれたアメリカの青年から「今でもアメリカを憎んでいますか」と問われ、その青年から、深々と頭を下げ「ごめんなさい」と謝られたことが、心に深く響いと話され、草の根の友好を、友達を大事にと訴えられました。

 

 戦争は絶対にしないで、戦争のむごさを忘れないで、伝えてほしい。今も世界に、核兵器がある、核廃絶の願いを強く訴えられました。

 今日は、中学生、高校生ら、若い人たちもおおく参加して、集中してお聞きしました。深く、心に迫るお話でした。

 

 いま、若い人の中では、原爆がどこに落ちたのか、8月6日は何の日か、知らない、ぴんと来ない人が多いと聞いて、驚きました。愚かな戦争への道を止めるためにも、私たち、一人一人が問われています。

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
非核平和のつどい

 非核の政府を求める会の恒例の「非核平和の集い」

 

 今年は、梶本淑子さん(広島原爆の被爆者)に、被爆体験をお話していただきます。

 

 先日、来日して、広島・長崎を訪問、力強い核廃絶の訴えをされたローマ教皇。優しく語りかける、凛とした姿に感動しました。

 

 日本の被爆者の方々の運動、核廃絶の願いが世界を動かしてきました。ぜひ、ご参加ください。

 

  12月7日(土)午後3時〜奈良県教育会館

 

     

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
盛りだくさんな一日

 今朝は、少年刑務所で、資料館のプレオープンの記念式典に出席。

 

 当初の計画で、資料館が先行的に、つくられる予定であったことから、建物の耐震化が終わったところが資料館となっていました。

 

 プレオープンで、本格的にはこれからとのことですが、内容は、ちょっとがっかりです。

 

 また、ホテルの計画も、耐震化もこれまでの事業者から変更され、工期も先延ばしで、今後どうなるか不透明です。地元への説明もまだ。質問しても、詳細が決まっていないとのこと。

  

 

 この後、お昼には、飛鳥後援会の後援会祭りで、ごあいさつ。良い天気で、たくさんの方々に、ご参加いただきました。

  

 

 次は、済美支部の支部総会で、党大会決議・綱領一部改定についてお話。

 

 そのあと、都南地域で、赤旗新聞をお勧めして、対話。

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
山添村でつどい

 山添村で、つどいが開催されました。

 

 今日は「消費税5%に減税を」テーマに、話し合いました。山添村でも、消費税10%への増税を機に、廃業する商店や事業者が相次いているとのこと。

 

 また、近所の商店では、これまで値引きをしたり、サービスがよかったけれど、増税後は、値引きもなくなり、買い物客が減っている。

 

 「桜を見る会」安倍政権のでたらめにも、怒りの声が出されました。介護職場での、人手不足や厳しい実態も聞いてほしいとの発言もありました。

 共産党の山添支部と後援会では、繰り返し「集い」を開いて、意見交換を続けています。

 

   

 

  

 

  

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |