Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    山本 和敏 (02/24)
  • 一般質問、奈良公園に高級ホテル建設を何が何でも進める知事の無謀が明らかに。
    朴念仁 (01/20)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    さちほ (06/01)
  • 沖縄県議選、とぐち修候補の応援に行ってきました。
    NakajimaMototugu(中島素紹) (05/31)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
阪大OB・OG9条の会総会

 大阪大学の豊中キャンパスで、阪大OB・OG9条の会の総会が開かれました。

 

 卒業して40年以上もたちましたが、当時通ったサークルボックスは、学生の皆さんが集って、音楽の練習中。

 

 先輩の原田敬一佛教大学歴史学部教授が「日本近代史から安倍政権を考える」と題して、講演されました。参加された大先輩の皆さんはじめ、それぞれ、地域で憲法守ろうとがんばっておられ、交流しました。

 

 現役の大阪大学教授からは、国際教養科目として、地域に開かれた「平和の探求」と題する講座が開かれていると紹介されました。興味深い内容です。

    

 

 総会の前に、総合博物館になった、なつかしい医療短大の校舎を見学しました。

 

    

 

    

    大阪大学のキャンパス、待兼山で発見された「まちかねワニ」

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
奈良県政問題、連続学習会。

   奈良革新懇では、来春の県知事選挙に向けて、県政の問題点についての学習会を、テーマごとに開こうと、計画されています。

 

 第一回目は、奈良県の医療をめぐる問題についてです。県では、全国に先駆けて、医療費削減のために、地域別診療報酬を導入しようと計画しています。いまでも、払いたくても払えない高すぎる保険料の滞納で、医療を受けられない実態があります。このうえ、医療費削減といって、医療を受けにくくされたら、命は守れません。

 

 医療の現場から、報告されます。ぜひ、一緒に考えましょう。

 

          

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大和高田市で、5人の県議団そろって議会報告会。

 太田県議の選挙区、大和高田市で、5人の県議団そろっての議会報告会を開催しました。約100名の方が、ご参加くださり、とても熱心に聞いてくださいました。

 

 太田県議は、高田では、なくてはならない日本共産党の議席、向川市議と沢田市議ともども、市民の皆さんに信頼されていることが、伝わってきました。

 

 暮らしの不安や、ブラックな働き方、低すぎる最低賃金、障がい者医療の重い負担、水害の問題などなど、切実な願いや、要望が次々と出されました。

 

 皆さんの願いのこたえるためにも、来春の選挙では、何としても全員当選、議席を増やせるようにがんばります。

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支部の皆さんと地域で行動

 日ごろから、支部のみなさんが地域で、後援会ニュースを届けてくださっているお宅を、訪問しながらお話をうかがいました。

 

 支部の皆さんの頑張りで、暖かく迎えていただきました。憲法カフェのお誘いもして、署名にもご協力いただきました。新しい出会いや、発見があって楽しい活動です。

 

    暑さ厳しい中でも、緑の田んぼの中をあるくのは、すがすがしい。

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夏の陽ざしが戻ってきました。県後援会総会と街角宣伝で、豪雨災害救援募金の訴え。

 雨もやんで、猛烈な暑さが戻ってきました。被災地の皆さん、どうか、体調お気を付けください。心からお見舞い申し上げます。

 

 今日は、県後援会総会。鎌野祥二参議院選挙区予定候補とともに、6人の県議候補もごあいさつ。

 

 党中央委員会から選対局次長の小松崎さんに、後援会活動の強化について講演していただきました。選挙の時だけでなく、日常的な後援会活動で、市民と結びつき、双方向で信頼を築いていく活動の大切さを強調されました。全国の経験に学びたい。

 

 この後、街頭に出て、大災害となった豪雨被害の救援募金を訴えました。

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
清水ただし前衆議院議員と学ぶ未来社会論

 7月7日、七夕の日ですが、清水ただし前衆議院議員をむかえて、日本共産党はどんな未来をめざすのか、未来社会論を学びます。

 

 利潤第一の資本主義が、行き詰まり、貧富の格差が広がっていますが、人類は、かならず、平等で、より豊かな社会を実現できる。希望ある未来に向かって歩もう。

 

すばらしい話術で、むつかしいことをわかりやすく語る清水ただし前衆議院議員と、楽しく、語り合います。若い人、大歓迎。もちろん、どなたでも参加できます。ぜひ、おこしください。

 

  

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
非核の政府を求める奈良の会「木村草太氏講演会」

  朝から、気温が上がり蒸し暑い。支部の皆さんと、汗だくで行動です。でも、赤旗新聞が増えてよかった。

 

 午後から、非核の政府を求める奈良の会の講演会。「憲法改正論議を考える」と題して、首都大学東京の木村草太教授の明快なお話。

 

 奈良県では、先月の弁護士会主催の学習会に続いて、第2弾の講演となりましたが、会場いっぱいの参加で、ユーモアにあふれるお話に、引き込まれ熱心に聞かれていました。

 

 安倍政権の目指す改憲、自衛隊を書き込む狙いが、いかに論理的にも不合理で、あいまいなのか。国民だましを許さない闘いで、追い詰めていかねばなりません。

 

 

 

  

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
後援会の皆さんと地域で行動。新しい仲間をむかえました。

 先日の小池演説会に、友人を誘って参加いただいた方が、入党をお勧めしたいと連絡くださり、お会いしてお話。「小池さんの話はよく分かりました。すごい参加で驚きました。私も入りたい」と決意していただきました。

 

 午後からは、どんどん気温が上がって、真夏の暑さでしたが、24名もの参加で、訪問と宣伝行動。

 

 9条署名と高校統廃合反対署名のお願いに、対話がはずみ、とりわけ、県立高校削減計画は、とういうことですか?知らなかったと、多くの方が、協力してくださり、もう決めるのですかと怒りの声がいっぱいでした。

 

 行動で、赤旗新聞と後援会ニュース会員が増え、ポスターを張り出してくださるお宅もありました。たくさんの参加で、勢いと元気がでます。暑い中、お疲れさまでした。

 

    

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平城地域で集い

 平城地域後援会の皆さんが、集いを開いてくださいました。

 

 今日は、沖縄戦から73年目の「慰霊の日」

 

 参加された方から、戦争体験を話してくれる方が少なくなったけれど、ご近所の一人暮らしの90代の方が、シベリアに抑留されていた話をうかがったと、発言してくださいました。今だからこそ、戦争の悲惨を伝えて行きたいと。

 

 過去の戦争の誤りを認めない安倍政権を、早く辞めさせたいと、いかりでいっぱいです。

 

 今、県議会で大問題になっている平城高校の廃止についても、たくさんの意見が出されました。

 

    

 

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平城高校保護者会から、要望意見が届けられました。

 今朝は、昨日からの大雨もやんで、近鉄奈良駅前で、北村市議と早朝宣伝。朝早くから、ご苦労様と、激励してくださる方もあって、元気出ます。

 

 奈良市議会でも、北村市議が、県立高校削減問題について質問したことを報告。市議会としての意見書決議に向け、超党派でとりくんでいるとのこと。

 

 廃校されようとしている、平城高校保護者・校友会の皆さんからは、計画の再考を願う、切実な思いが、寄せられました。とても、説得力があります。

 

 県民一人当たりの奈良県の教育予算は、あまりにも少ない(全国37位)ことを第一に訴えておられます。

 

 のびのびとした明るい校風で、生徒自身が充実した高校生活に誇りを持っている、志願者が多い人気の高い学校でもあること。

 地域との交流も深く、地域に愛されている学校なのに、

 

 なぜ、廃校なのか?県教育委員会からは、なんら、納得できる説明はありません。許せないですね。力を合わせて、今議会で決めてしまうことは、何としても、止めましょう。

 

   

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |