Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • 奈良県でも、はやく少人数学級の実現を。
    さちほ (07/09)
  • 奈良県でも、はやく少人数学級の実現を。
    山洋介 (07/08)
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    さちほ (04/30)
  • 臨時県議会で、新型コロナウイルス対策の補正予算が成立しました。
    佛気楽坊 (04/29)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    さちほ (04/19)
  • 新型コロナウイルス対策について知事説明会
    奈良県民 (04/19)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    さちほ (04/17)
  • 苦境のなか、公共交通機関としてがんばる、奈良交通バス。
    佛気楽坊 (04/17)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    さちほ (04/16)
  • 新型コロナウイルスについて、奈良市の医師にお話をうかがいました。
    佛気楽坊 (04/16)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日本共産党創立98周年、記念講演会

 明日、7月15日は、党創立98周年の記念日です。志位和夫委員長が、記念講演を行います。

 

 新型コロナウイルス感染防止のため、東京の会場へは、他府県からは参加できませんが、インターネット配信で、視聴できます。

 

 日本共産党のホームページから、ごらんいただけます。

 

  激動する日本と世界をどう見るのか、日本共産党は、どのような社会をめざすのか。ぜひ、お聞きください。

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:56 | comments(0) | - | - | - |
        
九州地方の豪雨災害の救援復興のための募金活動に取り組みました。

 先日来の豪雨で、甚大な被害を受けた九州地域のみなさんに届けたいと、地域の支部,市議団とともに、街頭で、救援募金の協力をお願いしました。

 

 まだ大雨が降り続き、広い範囲で災害の危険があります。もう、想定外とは言えません。どこでも起こりうることに、備えなくてはなりません。

 

 リニア新幹線より、河川の対策を。開発優先を見直して。

「九州旅行でお世話になった旅館が被災されている」心配ですと募金してくださった方もありました。皆さん、ご協力ありがとうございます。

 

  

  

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:15 | comments(0) | - | - | - |
        
奈良県でも、38日ぶりに新型コロナウイルス感染者が確認されています。

 奈良県では、5月27日以後、新型コロナウイルスの感染者は、確認されていませんでしたが、38日ぶりの7月4日から、連日確認されて、現在4名が入院治療を受けておられます。いずれの方も軽症だということですが、油断できません。

 

 県のPCR検査の実施数は、6月29日現在3943人、抗原検査は、11人となっています。さらなる積極的検査が必要です。

 

 東京都では、連日100人を超える感染者が確認され、感染経路がわからない方もおおく、感染拡大が心配です。奈良県でも、大阪府に、出かけた後に感染が確認される例が多くなっています。

 

 さらなる自粛というなら、補償も積み増しして、備えなくてはなりません。

 

  

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:38 | comments(0) | - | - | - |
        
東京都知事選挙、あす投票日。宇都宮けんじさんを都知事にしましょう。

 記録的な豪雨によって、九州地方は、河川の氾濫、土砂災害など、大被害となっています。テレビの映像や報道で、被害の大きさに驚きです。被災された皆さんに、こころからお見舞い申し上げます。皆さんのご無事を祈っています。

 

 災害列島の日本で、どこで被害が起きるかわかりません。決して他人ごとではありません。

 

 そのうえ、新型コロナウイルスの感染が、東京では、日ごとに広がっています。東京都の小池知事も、安倍首相も、何ら、手立てをとろうとしません。西村大臣に至っては、「緊急事態宣言をまた出したくないでしょ」と、まるで、国民が悪いかのような発言で、脅しのようです。

 

 強力な感染防止のためには、自粛と補償は一体で!! 政府の補償対策は、遅れに遅れているうえに、さらなる自粛を迫るばかり。

 

 宇都宮けんじ知事候補は、手厚い補償を行うこと、PCR検査を一気に拡大して、感染予防をすすめると提案しています。明日の都知cs事選挙は、生存権がかかった選挙、日本の政治を変える選挙です。市民と野党の共闘で、こぞって、力を合わせ、勝利しましょう。

 

      

 

 

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:50 | comments(0) | - | - | - |
        
ベトナムでは、4〜6月経済成長がプラスに。

 報道によると、ベトナム統計総局が、29日に発表した4〜6月期の実質国内総生産(GDP)は、前年同月比0・36%増となったとのこと。

 

 ベトナムは、新型コロナ感染症対策を早期の実施して、外出制限を4月の約3週間にとどめることができ、海外からの渡航者を除く国内感染者は、75日間発生していません。

 

 こうした取り組みが、プラス成長につながっており、東南アジア地域の中でも、安定しています。すごいですね。

 

     

     ベトナムのお客さんにいただいた絵画。

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:43 | comments(0) | - | - | - |
        
新型コロナウイルス感染、世界で1000万人超える。

 新型コロナウイルス感染者は、世界で、ついに1000万人を超えました。これほどまでに感染がひろがるとは、犠牲となった方も50万人をこえるなんて。脅威です。

 

 世界的な感染症への対策は、科学の知識を集めて対応をとの、細胞生物学者の永田和宏氏(赤旗で)の言われる通り。

 

 東京では、知事選のさなかですが、毎日、新たに50人を超える感染者が確認されています。若い方が多く、比較的軽症なのか、東京都の危機感は感じられません。

 

しかし、感染経路がわからない事例が多く、どれだけ広がるのか、予測できません。検査の実施を思い切って拡充して、医療の備えを着実に。

 

 知事選挙の大争点です。市民と野党の共闘で、奮闘する宇都宮健児候補は、PCR検査の思い切った拡充を訴えています。減らしてきた保健所や、都立病院を守り、充実させようと訴えています。

 

  

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:52 | comments(0) | - | - | - |
        
「女帝 小池百合子」著者が、語る、

 

  ノンフィクション作家の石井妙子氏が、出版した「女帝 小池百合子」なぜ、この本を書いたのか?赤旗の取材記事が、とても興味深い。

 

 都知事にまでなり、女性初の総理になるかもしれない人物は、どんなひとなのか、国民は知るべきだと。3年半以上もかけ、100人以上の関係者の取材、丁寧に資料にあたって書かれました。

 

 権力を目指して、上り詰めた人生の裏にはなにがあったのか。現代社会の在り方とかかわっており、とりわけ、メデイアの責任が大きいと指摘されています。

 

 女性が、本当の意味で評価されず、まるでおかざりのように、もてはやす。権力をもてば、人は寄ってくるし、思い通りになる。

 

 現代社会のゆがみが、浮き上がってきます。

 

 小池百合子という人に、個人的には、まったく興味のがありませんでしたが、なんだか、かなしい。

 しかし、このような真実に迫る労作があってこそ、社会を変える力になります。読みたいと思います。

   し 

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:52 | comments(0) | - | - | - |
        
新型コロナが問う「日本と世界」京都大学総長の山極寿一さんが語る(赤旗新聞)

 赤旗新聞の紙面で、新型コロナが問う、日本と世界と題して「人類はコロナ禍から、何を学ぶことができるのか」霊長類学・人類学者の山極寿一京都大学総長が、語っておられます。共感をもって読みました。深く考えさせられます。

 

 地球の環境破壊を抑えないと、感染症の蔓延を止められない。利益をあくまで追求し、利益を将来の投資に向けるという原則の資本主義は、自然破壊をためらわないできた。コロナ禍のもとで、誰もが、資本主義は限界だと感じているのではないか。

 

 これからの社会、人間にとって何が大切かを気づかせてくれた、生産性や効率で、はかれない大事なことが見えてきたと。

 

 地球全体で感染を抑えていくためには、各国の連携・協力が不可欠で、平和憲法9条を持つ国として、日本の果たす役割があると述べておられます。

 

     

 

 

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:52 | comments(0) | - | - | - |
        
激しい雨が降り続いています。

 昨日から、雨が降り続いています。時折、激しくなり、河川の増水や、低い土地の浸水が心配です。

 

 これまでから、奈良県では、あちらこちらで、内水災害が、発生しています。大雨になると、河川の決壊もあり、この間、県議会では、内水対策とともに、遊水池の設置を繰り返し求めてきました。ようやく、計画的に進めていこうと県の計画もつくられています。

 

 また、土砂災害の危険地域の対策も、急がなくてはなりません。山間部では、土砂崩れによる通行止めが、頻繁です。

 

 このような対策が、まず急がれるのに、県は、京奈和自動車道を、奈良市内の平城京跡の地下にトンネルを掘って、京都につなごうと、工事を急いでいるのです。リニア新幹線の誘致、奈良から和歌山につなぐリニア新線の計画まで、推進しようなどとしていますが、不要不急は、見直して、安全対策に万全を期してほしい。

 

        

  

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 22:22 | comments(0) | - | - | - |
        
「イージス・アショア」計画の停止

 弾道ミサイルを迎撃するためとして、山口県と秋田県の陸上に、配備を計画していた迎撃ミサイルについて、突然、河野防衛大臣が、停止を表明。

 

 この計画には、周辺住民のみなさんが、危険を訴え、大きな反対運動が行われてきました。停止ではなく、中止すべきです。

 

 防衛大臣も述べているように、技術的に無理があり、多額の費用が掛かることは、あきらかでした。アメリカにいわれるままに、計画を推進して、調査費をつぎこんできたのです。

 

 これと、同じく、沖縄辺野古の基地建設も、調査によって、軟弱地盤の改良は、地中深く、現在の技術では不可能といわれています。ところが、工事をやめずに、美しい海を壊す土砂の投入を続けているのです。

 

 総額2兆5500億円も、かかるといわれている計画も、きっぱり断念すべきです。

 

 多額のお金をかけて、戦争の危険をあおるのではなく、憲法を生かした平和の外交で、日本と世界を守り、軍拡競争をやめよう。

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:32 | comments(0) | - | - | - |