Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
県総合医療センター跡地のまちづくりについて要望と意見交換

 県相互医療センターの移転問題を考える会のみなさんが、跡地活用のまちづくりがどうなっているのか、奈良県の担当課に、問い合わせ、懇談しました。

 

 当初、病院の移転には反対との住民運動がおこりましたが、現地建て替えは困難とのことで、県が移転を決定し、跡地を「健康長寿のまちづくり」「地域包括ケアシステムの行き届いたまちづくり」をすすめ、全国でモデルとなるまちにしたいと知事がのべて、夢を描き、さまざまな計画を検討していました。

 

 そのなかで、身近な病院がなくなると困ると、外来診療ができる診療所を作ってほしいと住民がつよく要望。県は、外来・在宅診療もできる診療所を作ると約束していました。

 

 ところが、2011年の移転決定から、8年を経過しても、まだ具体的な構想が示されず、診療所は作らないとのこと。県は、まちづくりは、市の仕事といって、手を抜いています。約束違反です。

 

    

posted by: 山村さちほ | 奈良県政について | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
奈良市庁舎移転?荒井知事発言。

 先日(1月17日)行われた、知事と奈良市議会議員有志の勉強会で、荒井知事から、奈良市庁舎を移転して建て替える案が提案されたとのことです。

 

 現在、奈良市では、市庁舎の耐震改修について、2月議会で議論する予定です。南側の古い庁舎を耐震改修(北棟はまだ使える)するための予算(約30億円?)を審査すると聞いていました。

 

 市庁舎は、奈良市民の財産であり、市民と議会がよく相談してどう使うのか、考えるべきことです。それを、いきなり、知事が、移転して、200億円かけて建て替えをすべきとか、現市庁舎の土地は高く売れるから、売った方が良いとか、いったいどういうことでしょうか。

 

 地方自治に反する介入です。奈良市が考え決めることを、知事が試算までして、資料をつけ、提案するなど、県の仕事ではありません。

 

 おかしいと思うのは、私だけでしょうか。知事は、県営プール跡地で高級なホテルのための開発中ですが、向かいの市庁舎が、よほど気になるのでしょうか?

 

   

  県が撤去した県営プール跡地では、高級ホテル誘致のために、約220億円もかかる大掛かりな開発工事中。

posted by: 山村さちほ | 奈良県政について | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
テーマパーク化する平城宮跡。

 市民の運動によって守られ、奈良文化財研究所の調査・研究によって、歴史的価値が明らかになり、世界遺産として世界の宝になった平城宮跡。

 

 市内の真ん中に、広い草原と空間が広がり、静かに古代に思いをはせることができる市民の大切な憩いの場です。ここは、地上にはないもないけれども、地下に眠る木簡・遺構が重要として保護されています。

 

 荒井知事は、初めて知事に就任した時から「平城宮跡を原っぱのままにしておかない」とのべて、国に要望して、国土交通省が管理する国営公園にしました。

 

 文化庁が「博物館構想」として、調査研究の成果に基づく保存と活用を考えていたのに、国土交通省と奈良県は、イベント広場としての活用を主体に、大きく様変わり。

 

 朱雀門ひろばには、新しい建物が次々建てられ、県が整備した駐車場や4つの建物(天平みはらし館、つどい館、うまし館、みつぎ館)、遣唐使船をうかべる池など、全部で土地と建物に80億円かかっています。

 

 この4つの建物の運営は民間委託で、年間約1億3000万円の契約です。

 

 国交省による大極殿院の復元工事(662億8900万円)も始まっていますが、県は、今後さらに、南側の土地を買収し、体験館などを整備する予定です。また、多額の費用(約140億円)がかかります。

 

 こんな、大掛かりな開発で、県民のみなさんから「静かな平城宮跡の風情はなくなってしまった」「世界遺産の価値が下がる一方」「通るたび、悲しい気持ちになる」などたくさんの声をいただいています。

 

 これ以上の税金投入はやめ、静かな平城宮跡を守りたいです。

 

           

posted by: 山村さちほ | 奈良県政について | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |