Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    さちほ (09/05)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    藤田恭子 (09/04)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    山本 和敏 (02/24)
  • 一般質問、奈良公園に高級ホテル建設を何が何でも進める知事の無謀が明らかに。
    朴念仁 (01/20)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
太田あつし県議が一般質問、台風21号被害の救済を求める。

 県議会は、今日から一般質問です。

 

 日本共産党の太田あつし県議は、台風21号によって、大きな被害を受けたなし農家などの実情を訴え、救済の支援を求めました。

 

 収穫前のなしが約半分も落下してしまった、ブドウ農家では、ハウスが風でねじ曲がり壊れてしまった。など、現地で調査し、伺った声を紹介。

 

 農産物に対して救済制度は、共済しかなく、なしの場合は共済制度そのものがありません。県下の農業被害は、わかっているだけでも約7億円にのぼります。県、国の救済策が必要です。

 

 大和川の治水対策、水道広域化計画、犬猫の殺処分をなくす対策についても、質問しました。

 

 

        

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「県立奈良高校の耐震化対策について」教育長に質問

 代表質問で、県立奈良高校の耐震化対策について。教育長に聞きました。

 

 奈良県の高校耐震化は、全国でワースト2位と遅れています。なかでも、奈良高校は、倒壊の恐れが高い体育館や校舎があり、一刻も早い対策が必要です。

 この問題では、奈良市からも、県に対して、生徒の安全のために、早急な対策を求める行政指導がされています。

 

 奈良高校の育友会からの要望で、2013年には、耐震補強工事について実施設計もされ、2016年には、4年かかるが現地で建て替え可能との判断もされていました。ところが、県教育委員会は、費用がかさむことから(約40億円)、県立高校の統廃合計画を検討し、その中で、平城高校を廃止して、奈良高校を平城に移すことにしたのです。

 

 この統廃合計画で移転をするとしても、あと3年半かかり、その間、奈良高校の生徒は危険にさらされることになります。

 

 一刻もはやく、命を守る対策を実施するように求めました。

 

 なにより、校舎の建て替えが可能であると判断したにもかかわらず、お金がかかるからと、統廃合計画にすり替えるなど許せないことです。

 

 この続きは、宮本次郎県議が、一般質問(9・25)で、追及する予定です。

 

   

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9/19安倍退陣!戦争法廃止総決起集会

 奈良市民連合のよびかけで、9.19戦争法廃止総決起集会が開かれました。

 

 党派を超えて、安倍政権打倒、沖縄知事選挙で、玉城デニー候補勝利、改憲許すなと、JR奈良駅広場は、いっぱいになり、熱気に包まれました。

 

 市民と野党の共闘、来年の参議院選挙で、何としても実現したいものです。

 

   DSC09922.JPG

   DSC09925.JPG

   集会後は、三条通をデモ行進。

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9月県議会、明日から代表質問が始まります。

 9月定例県議会の日程は、9月13日開会、10月19日閉会の予定です。

 

 今議会は、予算委員会、決算委員会もあり、代表質問と一般質問が2人と、5人全員が分担してあたります。

 

  私の代表質問は、明日19日午後4時から、太田あつし県議は、21日午後4時ごろから一般質問。宮本次郎県議は、25日午後1時から一般質問の予定です。

 

 四苦八苦しながら、何とか原稿できました。皆さんの思いを伝えて、頑張ります。ぜひ、傍聴にお越しください。奈良テレビでも同時中継があります。

 

 テーマは、消費税10%への増税の中止をもとめること。

      防災対策について

      医療費適正化計画ー地域別診療報酬について

      奈良公園高畑裁判所官舎跡地への高級ホテル建設について

      障がい者雇用の不正問題について

      県立奈良高校の耐震化対策について   

 

       

     明日の質問に使うパネルです。   

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
敬老の日

 今日は、敬老の日。超高齢化社会が来ると、不安ばかりがあおられて、安倍政権は、社会保障の削減を一層加速させています。

 

 多くの人々が、これからの財政に不安を持ち、消費税増税も仕方ないかもと思う方もおられます。でも本当にそうでしょうか。

 

 失敗したアベノミクスで希望は持てません。人間らしく働くルール、賃金の引き上げで、国民の所得を増やし、税収を増やす経済改革が待ったなし。

 

 最悪の不公平な税金である消費税の増税は、景気を冷え込ませます。消費税に頼らない別の道を進もう。

 

 我が家も、義母に孫たちから、敬老のプレゼントが届きました。元気で長生きしてほしい。

 

   DSC09901.JPG

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋の気配が

 朝夕の気温が下がって、涼しさを感じるようになってきました。

 

 外は、もうすっかり、秋の気配がしています。ことのほか暑かった夏ですが、疲れが出ていませんか。

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
奈良県医師会主催の「地域別診療報酬講演会」

 奈良県が、第3期医療費適正化計画になかに、地域別診療報酬(全国一律の診療報酬を奈良県だけ引き下げる)の導入について盛り込んでいることから、医療関係者から、驚きと怒りの声が広がっています。

 

 今日は、医師会が主催する講演会が開かれ、300名を超える参加がありました。

 

 荒木秀夫弁護士は、地域別診療報酬は、奈良県だけに適用することは、合理的な差別とはいえず、憲法14条の法の下の平等に反するとのべられました。

 

 日本医師会副会長の中川俊男先生の講演で、高齢者医療確保法(2008)の13条・14条に、診療報酬の特例として、地域別診療報酬を決めることができると定められているが、実際に実施するには、ハードルが高いと説明されました。

 

 医療費適正化計画は、各県で保険者協議会で協議して決定し、医療関係者も参画することが求められていることから、医師会・医療関係者が積極的にかかわることが大事と強調。日本医師会も断固反対して実施させないために頑張ると表明されました。

 

 しかし、奈良県の計画は、県が策定して、協議会に示されたものであり、医師会など医療関係者との協議はありません。今後の運営にあたっては、医療関係者にはオブザーバーとして参加してもらうとのこと。これでは、意見を反映できるのか、疑問です。

 

 しかも、奈良県は、医療費適正化計画の削減数値目標を達成できないときは、国保の保険料を上げるか、診療報酬を下げるか、どちらかだと迫っています。

 

 医療費適正化は、健康増進、早期発見早期治療で、健康づくりによって進めるべきです。病院のベット数を減らしたり、医療費の点検を強めたり、医療費を減らすために、医療が受けづらくなるなどあってはならないことです。

 

 診療報酬が奈良県だけ引き下げられたら、医療機関の経営が成り立たない、結果、県民が医療を安心して受けられなくなる大問題です。全国に先駆けて奈良で実施することで、全国に広げたいと財務省が喜んでいるようですが、知事は、財務省の後押しを受けて張り切っているようです。

 

計画を中止させるために、幅広い運動に取り組まなければなりません。力を合わせて頑張ります。

 

  

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
全駅一斉宣伝

 今朝は、近畿ブロック全駅一斉宣伝デーです。IR奈良駅前で訴えました。

 

 昨日始まった沖縄県知事選挙に立候補した、オール沖縄の玉城デニー候補への支援を訴えました。日本の民主主義と平和を守るためにも、安倍自公政権。維新の会が推す候補には負けられません。辺野古の新基地ノーの審判を下しましょう。

 

 ビラ配布も4人が参加してくださって、いつもよりたくさん配布できました。

 

   

posted by: 山村さちほ | 党活動 | 23:51 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
沖縄知事選挙・玉城デニー候補勝利へ連帯の集い

 本日、沖縄県知事選挙が始まりました。

 

 オール沖縄の県民の願いを受けて、翁長知事の後継候補、玉城デニー氏が、立候補しました。基地のない平和の沖縄を目指す玉城候補を、何としても勝利にと、奈良県でも、連帯の集いが開かれました。

 

 約300人が参加して、デモ行進でアピール。カンパや支持を広げる支援の行動が提起されました。絶対に負けられない選挙です。

 

 安倍自公政権と維新の会が応援する候補との闘いです。

 

       

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
少子化対策・女性活躍促進特別委員会

 9月県議会の事前委員会、少子化対策・女性活躍促進特別委員会が開かれました。

 

 今回は、学童保育について質問しました。奈良市の学童保育指導員さんや、郡山市の学童保育利用者の保護者からも、切実な要望が寄せられています。

 

 厚生労働省の基準では、学童保育の一クラスの定員は40人以下にと言われていますが、実態は施設の数が少なく、詰込みのところがあります。

 郡山市のある小学校では、2つの部屋に、定員が90名としていますが、希望者が多く、140名が利用しています。さらに、来年4月からは、40名の希望かあり、とても収容できません。なくなく、5.6年生に辞退してもらおうかと相談しているとのこと。

 

 しかし、働く保護者にとって、学童保育はなくてはなりません。解決できるように支援をもとめました。

 

 現在、県の調査によると、学童保育の待機児童は、8市町村で121名とのことです。また、指導員の身分は、非正規雇用で、時給も最低賃金というところが多く、処遇改善が必要です。

 

 施設や人員など、設置基準がない現状を改善していかなくてはなりません。

 

      

 

      

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |