Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
明日から代表質問がはじまります。

 県議会は、明日から、代表質問です。自民党、自民改革、創生奈良の会派に続いて、日本共産党 今井光子県議が、4番目に質問します。

 

 テーマは ー衛隊の駆けつけ警護について

      ∈廚蠅肇ぅ戰鵐箸斑楼茲粒萓化について

      I落差別の解消の推進に関する法律案について

      げ疣死を生み出さない働き方改革について

      ソ学援助制度について

      Ω經高齢者医療制度について   

 

 知事および教育長に質問し、論戦します。  奈良テレビで、同時中継放送があこなわれます。ぜひごらんください。

 

   

   

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
長男夫婦が帰省。

  長男夫婦が、帰省しました。何ヶ月も休みなく働いていた長男ですが、ようやく、仕事が一段落して、まとまった休暇がとれたそう。

 

 毎日、深夜の帰宅で、心配でしたが、何とかがんばっているようです。なかなか、子どもにめぐまれず、不妊治療でも、苦労していましたが、なんと、治療をやめたら、妊娠。もう、8ヶ月で、来年2月に出産の予定です。

 

 うれしいことに、私たちには、初めての孫となります。

 

 最近は、昔と違って、超音波検査で、胎児の様子がリアルな写真で映し出されるようです。検診ごとに写真にしたアルバムをみせてもらいました。まだ、生まれてもいないのに、孫と対面したような気分です。元気よく、お母さんのおなかの中で、動いています。無事、生まれてきてくれること祈っています。

 

     

     

 

        

 

    

 

                                                                                                                                                                                                                             

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟奈良県本部創立40周年記念講演会

 戦前の暗黒の時代、治安維持法によって逮捕、投獄、拷問などの弾圧を受けた方々の名誉を回復し、国家による謝罪と賠償をもとめる運動をつづけている「治安維持法国家賠償要求同盟なら県本部」の、創立40周年を祝う、講演会・レセプションが開かれました。

 

 治安維持法が制定されて91年目、廃止された1945年までに、数十万人の方が逮捕され、虐殺された方は、95人、刑務所・拘置所で虐待・暴行・発病などによる獄死者は400人余にのぼるとのことです。

 

 奈良県本部では、特攻月報の閲覧をはじめ、犠牲者の調査、顕彰の活動に取り組まれ、このたび、155名の奈良県の犠牲者名簿をまとめられました。私たちが、先人の闘いを学び、触れることができる、本当に、貴重な資料であり、地道な活動のたまものです。

 

 今日の講演会では清水ただし衆議院議員が記念講演。シンガーソングライターのケイ・シュガーさんが、奈良女子大学でエスペラント語を学び、犠牲となった長谷川テルさん(その後中国で反戦、抗日のたたかいをされた方です)の歌を作詞作曲して、初めて披露してくださいました。

 

 参議院選挙の統一候補として奮闘された、前参議院議員前川きよしげさんも、来賓でご挨拶いただきました。

 まるで戦争前夜のような危険な道をすすむ安倍政権との闘いにがんばる、ご遺族の発言もありました。私たちが、先人の思いを受けつぎ、力を合わせるときです。

 

    

    貴重な資料です。

 

    

    熱唱されるケイシュガーさん。

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「市民と野党の共闘を発展させる懇談会」

 革新懇主催で「市民と野党の共闘を発展させる会」という集会が開かれました。

 

 参議院選挙で統一候補として奮闘された前川きよしげ前参議院議員、弁護士が、「国民の暮らしを守るために、安倍政権に変わる新しい政権が必要。今後さらに、野党共闘を発展させたい」と、力強く、ごあいさつされました。

 

 市民連合共同代表の溝川さん、憲法いかす奈良県民の会の植林さん、ママの会の坪本さん、運動団体の皆さんから、画期的な参議院選挙での闘いを振り返り、今後、共同をどう広げていくのか。発言され、意見交換しました。

 

 本格的な、本気の共闘を実現するためには、積極的なとりくみを提案して、共同行動にすることや、若者をはじめ、多くの市民への働きかけをくふうすること、戦争法の廃止とともに、憲法を生かす暮らし全般の共通政策をかかげること。など、提案されました。

 

 草の根で、革新懇が架け橋の役割を、さらに、果たしていくことがもとめられています。

 

     

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
12月県議会がはじまりました。

 今日から、12月県議会がはじまりました。

 

 最初に、10月に行われた決算委員会の報告、決算認定の採決が行われました。一般会計決算については、日本共産党、創生奈良、日本維新の会の3会派が、反対討論しました。

 

 賛成討論はありませんでしたが、賛成多数で議決されました。3会派もが、反対することは、近年なかったことです。

 

 代表質問は、今井議員、一般質問は、私が行う予定です。

 

        

         反対討論する宮本県議。

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
奈良少年刑務所、法務省と文化庁からレクチャーを受け、要望しました。

      今日は北村市議とともに、早朝に出発して、東京へいってきました。

 

      清水ただし衆議院議員と、奈良少年刑務所の保存と活用について、文化庁と法務省から説明をうけ、要望しました。

 

 はじめに、法務省から、地元関係者への説明が遅れ申し訳ないとのべられ、今後は現地に、法務省から職員を派遣して、常駐事務所を立ち上げ、調整に当たるとの考えが示されました。

 

 本来なら、重要文化財の保存・活用のために、管理団体として奈良県・奈良市にお願いしたいところだが、どちらも、経費などの問題で受けてもらえなかった。民間に委託することになった。その方法として、公営施設等運営権制度を利用して、PFI事業で、民間業者を選定するとのこと。

 この公募は、12月下旬におこない、来年4月に選定委員会で、事業者を選定する。選定委員会には、地元代表を入れてほしいと要望しました。

 

 事業の内容については、耐震改修、資料館運営、付属事業の3つだが、具体的にはどうするか、民間の提案を待つが、公募の段階で、地元や関係者の要望を聞いて、公募条件に入れるなど、検討したいとのこと。住民の意見を反映できるように、最大限の努力を求めました。

 

 しかし、スケジュールは、東京オリンピックまでに開業するということで、たいへん過密で、しっかり議論する時間がないのが現状です。

 

 道路の新設については、鴻池運動公園から取り付けしたい、現在奈良市と協議中で、費用の負担をどうするのか、つめているとのこと。

 

 重要文化財としての保存活用計画は、管理者となる民間事業者の提案を受けて、文化庁の指導の下、法務省が策定するとのことです。管理者として指定できる業者かどうか、文化庁が判断して、指定することになる。重要文化財としての価値をまもり、壊さないように文化庁としても、指導助言するとのべられました。

 

 よりよい活用ができるように、皆さんと協力していきたいと思います。

 

           

         衆議院会館まえ。

     

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「こんにちは山村さちほです」ニュースができました。

  遅くなりましたが、議会報告のニュースができました。

 

    

 

    

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
年金カット法案強行に、怒りが爆発

  今日は、一日、地域で訪問活動です。

 

 平城地域で、山口市議、支部長といっしょに、うかがった方は「年金引き下げがとまらない。これ以上下がったらどうしたらいいのか。勝手に決めないで」と、怒りが爆発。

 

 

 物価が上がっても、賃金が下がったら、年金は引き下げる新しいルールが、盛り込まれるとんでもない法案は、衆議院で強行採決。

 高齢者の暮らしが行き詰まれば、景気はさらに悪化して、賃金引下げの悪循環です。

 

 国民の声も聞かず、まともな議論もなく、安倍政権の強行は許せない。総選挙で、審判をくだしたい。みなさん、同じ思いです。

 

    

 

      

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
太陽光発電のメガソーラー設置で、住環境が心配。

 奈良市内の住宅地で、隣接する空き地に、突如、メガソーラーが設置されることになり、近隣の住民の方が、生活環境への影響を心配されています。

 

 何か、規制する法律はないのか、相談にこられました。自然エネルギーの普及は大事ですが、最近、設置場所をめぐって、住民との合意がいられないケースや、土砂災害の危険、環境破壊などの問題も増えています。

 

 県や市に、業者の届出は必要なく、政府の許可があればよいことになっていますので、県としても実態を把握できていません。

 

 この問題では、私たちが県議会で提案し、政府に「住民との合意や、危険がないこと、環境をこわさないことなど、設置の基準や規制を、法で定めてほしい」と、意見書を決議しました。

 これをうけ、県としても、政府に改善の要望をしているとのことです。来年度、法改正も行われる見通しで、それまでに、工事したいと急ぐ、業者があるようです。

 

 太陽光の反射、電磁波、発熱などの被害を受けることがないように、住民の皆さんが結束して、事業者に説明を求め、要望をする活動をはじめられています。応援して行きたいと思います。

 

    

 

      

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
党大会に向けて、支部で総会が開かれています。

 27回党大会は、来年1月15日から始まる予定です。大会で、決定される方針案が提案され、すべての支部で、議論がはじまっています。

 

 日本共産党の大会決定は、全国の支部の議論、都道府県や地区委員会での議論を深めて、大会で4日間の討論を経て、決定されます。全国の取り組みや経験が、反映されます。

 

 私も、支部の討論の参加して、中央委員会での討論や決議案について報告して、皆さんの議論に参加しています。

 

 力を合わせたら政治が変わること、原発再稼動反対、戦争法廃止、安倍政権の暴走ストップと、市民の運動が大きくわきおこる情勢の変化や、世界の激動的動きは、がんばる勇気をよびおこしています。

 

 「いま、がんばるときですね。党をもっと大きくするために、知り合いに声をかける事が大事ですね」など、感想がだされています。

 

   

posted by: 山村さちほ | 党活動 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |