Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
高齢者の作品展

    奈良市生涯学習センターで高齢者の作品展が行われています。奈良県高齢者運動連絡会の主催です。

 

   写真や絵画、書道、短歌、切り絵、編み物などの手芸作品。とても多彩です。どれもすばらしい。 しばし、みとれていました。

 

 私も何かしら、できることがあるかな? 時間がないなんて思っていたら、何もできないですね。忙しい人ほど、頑張っておられます。社会活動にも、趣味を生かした活動にも、お孫さんや家族のことにも、積極的で、個性的、ほんとに刺激を受けます。

 

 人生の達人の皆さんから学んで、芸術の秋、何か はじめてみたいものです。

 

 作品展は、25日まで。25日には「マイナンバーと社会保障」と題して、自治体情報政策研究所の黒田充氏の講演もあります。

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
県議会代表質問がはじまりました。

 議案調査の休会が終わって、代表質問がはじまりました。

 

 会派の人数が多い順番で、同数の場合は、各議会ごとに順番がかわります。一番目は、自民党。二番目は、自民改革。三番目は、日本維新の会。

 

 国民文化祭のロゴマーク政策費用について、競争性のない随意契約で、540万円。はじめから県が、デザイナーを一人に絞って、実行委員会に提案したことなど、川田議員が知事に質問しましたが、知事の答弁は、なんら問題ないというものでした。

 

 知事が、実行委員会の委員長で、その知事の提案に対して、果たして、きちんと議論になるのか、疑問です。議事録もありません。

 

 そもそも、500万円を超える契約なのに、なぜ随意契約としたのか。はじめから、デザイナーありきで、金額には糸目をつけない姿勢であったと見て取れます。

 

 国民文化祭というからには、多くの方が関心を持って参加できる、公募で選定するこれまでの方法が、妥当ではないかと思います。

 

   

 共産党からは、26日月曜日、午後2番目に、大田あつし県議が、代表質問します。ならテレビの中継もあります。ぜひご覧ください。

 

     

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
市田忠義党副委員長・参議院議員を迎えて「新しい情勢と党を語るつどい」を開催します。

  9月25日、日曜日、午後2時から、市田忠義日本共産党副委員長・参議院議員をむかえて「新しい情勢と党を語るつどい」を開催します。

 

 安倍自公政権が、数の力で「憲法の改定」や社会保障きりすて、沖縄辺野古基地建設強行などなど、数々の暴走を強める中で、市民と野党の共闘が参議院選挙で大きな力を発揮しました。

 

 衆議院選挙での野党共闘は?安倍政権とどう対決するのか、北朝鮮・中国など東アジアの平和と安定は?

 

 市田忠義参議院議員が、世界と日本の情勢、日本共産党の果たす役割とこれからどうするのか、詳しく、お話します。

 

 ざっくばらんに、皆さんの質問にお答えします。どなたでも、お気軽にお越しください。

 

  9月25日(日)午後2時から 奈良県産業会館5階

           大和高田市幸町2番 jR高田駅東側

 

   

     

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
中央委員会総会2日目です。

 昨日に続いて、討論では、52人が発言されました。

 

 参議院選挙の闘い、野党と市民の共同がそれぞれの県や地域で、どんな変化を起こしたのか、新しいつながりを作って、選挙後も、関係が発展していることが、生き生きと語られました。

 

 共産党の綱領に、注目が集まって、その値打ちが光っていることも、発言されました。綱領そのものを、読みやすく冊子にした新しいパンフができます。

 

 来年一月に召集された27回党大会までの、党建設の課題、強く大きな党を作るための大運動は、26回大会期の最後の仕事。これまで成功していない課題で、むつかしいけれども、どうしたらできるのか、討論で真剣に語られました。

 

 実力をつけてがんばっている地域は、全国にたくさんあって、経験が紹介されました。全国の経験、知恵や工夫に学ぶことばかりです。

 

 安倍政権の暴走と闘い、政治を変えるために、一致団結して、なんとしても目標やり遂げる決意をこめた結語が提案されました。

 

 課題は、大きいけれど、確実に前向きに世界と日本の情勢が動いている、がんばれば、飛躍を作ることができると勇気がわいてきました。

 

    

 

  党本部の玄関ロビーで展示されているのは、川上律江さんの絵画です。川上寛一衆議院議員の長女。

     左は代表作の「面会」右は「農夫の家族」  川上律江さん自身も治安維持法違反の疑いで検挙されました。

posted by: 山村さちほ | 党活動 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第6回中央委員会総会が始まりました。

中央委員会総会が始まりました。

 

   昨年の9月19日、歴史的な第4回中央委員会総会が開かれ、国民連合政府、野党共闘の方針が決定されたことが昨日のようです。

 

   初めての野党共闘で闘った参議院選挙の教訓と、来るべき総選挙に向けた取り組みについて、また、北朝鮮や中国等国際問題について、国民的たたかいの課題など、詳細に志位委員長が報告。

 

    第27回党大会の招集が提案されました。

 

    さあ、新たな闘いへ。午後は、熱のこもった討論です。しっかり学んでいます。

 

      

posted by: 山村さちほ | 党活動 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9・19奈良県民集会が開かれます。

 憲法違反の戦争法(安保法制)が強行されて、ちょうど一年です。参議院選挙が終わって、さっそく自衛隊の任務の拡大、南スーダンにPKO活動で派遣される自衛隊に、武器使用が認められる駆け付け警護などの、危険な活動のために訓練が開始されたとのこと。

 

 おそろしいことです。憲法を踏みにじる暴挙を止め、若者の命を守らなくては。

 

 「戦争する国づくり、安保法制NO!憲法の明文改憲をゆるさない」県民集会が、午後4時から、近鉄なら駅前で開かれます。一年目の今日は、全国で集会が繰り広げられます。私たちも、声をあげつづけよう。

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
50年党員証伝達交流集会

 永年党員・50年党員となられたみなさんに、党員証をお渡して、交流集会が開かれました。

 

 参加された方は、少なかったのですが、全員から、50年の思い出や近況、豊富など、語っていただきました。少しの時間で、語りつくせない活動の経験の一端を、感銘深く聞かせていただきました。

 

 1966年の入党ですから、ベトナム戦争が始まり、反戦の運動が広がったころです。私は、まだ11歳ですが、少しずつ、50年党員の皆さんに近づいてきました。

 

 今も現役の地方議員として活躍されている方、地域の支部長、地区委員として役割を果たされていたり、みなさん、第一線で活躍中です。

 

 これからも、お世話になります。一緒に、新しい歴史のページを開きましょう。

 

 

    

 

posted by: 山村さちほ | 党活動 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
辺野古埋め立て訴訟、不当判決

 沖縄県オナガ知事が、辺野古の海を埋め立てて、基地建設をすることを、容認した前知事の判断は間違っていたとして、埋め立て停止をさせたことに、国が、沖縄県を訴えるという強権的な裁判の判決がでました。

 

 そもそも、このような訴えを起こす国のやり方が、まちがっていますが、国の主張をそのまま繰り返す判決に、驚き、怒りの声が沸き起こっています。

 

 オナガ知事は「県民の気持ちを踏みにじる、地方自治制度も認めない、不当な判決。政府の言い分を鵜呑みにしたもの」と、厳しく批判して、さっそく、上告し、県民の思いに答え、辺野古に基地を作らせないためにがんばりぬく決意を表明されました。

 

 どのような強権をもってしても、そこにすんでいる住民の思いとかけ離れたことを強行することはできません。住民が主人公という当たり前のことが、裁判所で判断できないとは?

 

 なぜ、沖縄だけがこんな目にあうのか。あまりにも不当です。闘いは、さらに大きくなることでしょう。全国から連帯を。

 

 

 私たち県議団も、10月には、辺野古、高江の闘いをこの目で見て、一緒に行動できるように、沖縄に出かけたいと思います。

 

    

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9月定例県議会がはじまりました。

 9月定例県議会が、開会しました。10月7日までの会期です。

 

 代表・一般質問、予算委員会・決算委員会で、それぞれ、県民の願いを届け、議論します。

 

 新任の理事者のあいさつが、ありましたが、警察本部長、総務部長、地域振興部長、医療政策部長全員が、国から派遣された方です。

 

 本会議のあと、県議会のがん議員連盟の主催で、ホスピス病棟の記録映画「いのちがいちばん輝く日」の上映会が行われました。

 

 最後のときをどう迎えるか、いのちあるかぎり、懸命に生きる患者さんと、支える人々。死は終わりではなく、受け継がれるという細井院長。誰もが願う家族に看取られる安らかな死。

 

 奈良県にも、ホスピスが作られてきましたが、穏やかに過ごせる場が、もっと身鹿に増えるといいですね。

 

     

 

    

    

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
朝夕涼しくなってきました。

 今朝は、近鉄奈良駅で早朝宣伝。北村市議と一緒です。朝夕涼しくなって、通勤の皆さんも、ほっとした様子です。

 

 済美支部の皆さんと地域を訪問。今日は、初めて伺ったお宅ばかりです。お会いできた方は、皆さん訪問を喜んでくださり、激励してくださいました。

 

 

 とりわけ、済美地域では、奈良市が突然打ち出した伝統ある幼稚園の統廃合計画に、怒りの声がいっぱいです。子どもたちは地域の宝と、自治会上げて、幼稚園の活動を応援している地域です。住民不在の計画押し付けは許せません。

 

 

 途中で出会った新聞配達中の女性は「いつも、応援していますよ。こんにちは山村さちほのニュース読んでいます」と声をかけていただきました。

 出会う方といろいろお話して歩けるのも、地元地域の支部のみなさんのおかげです。地域に根ざして、がんばっていただいています。

 

 

    

 

    

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |