Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
義母の米寿のお祝い。

 義母の米寿を祝う会に、子ども、孫、ひ孫が、集合。

 

 今も、元気で、家事も頑張る義母。子どもたちが、小さいころから、家事・育児に助けてもらってきました。大病をしたこともなく、元気が何よりです。

 

 みんなで、楽しいひと時を、過ごしました。

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
「桜を見る会」安倍政権を追い詰めています。

 日本共産党の田村副委員長・参議院議員の迫真の質問から、いっきに、安倍首相を追い詰めている「桜を見る会」問題。

 

 誰が見てもわかりやすい。公費を使った買収、政治の私物化。野党の結束した追及と怒りの世論で、退陣に追い込みましょう。

 

 この中で、闘われている、高知県知事選挙は、大注目です。市民と野党の共闘で松本けんじ候補が、どんどん追い上げています。

 

 共闘の力で政治を変えるチャンス。連帯して、闘おう。

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
視察2日目、広島県庁、平和記念資料館に。

 視察2日目は、広島県庁で観光戦略について、伺いました。

 

 広島県では、欧米からの観光客が多く、近年増えているとのこと。確かに、街で出会う方は欧米の人が多く、こんにちは、ありがとうと日本語であいさつされる場面に遭遇します。

 

 観光プロモーションも、どの国を対象にするか、狙いを定め、世界への発信も上手にされています。

 また、観光の誘致には、魅力ある地域を作ることが大事と、その事は、住んでいる住民にとってもよい環境を作ることだと話され、感心しました。

  

 平和記念資料館は、展示がリニューアルされてから、はじめての見学でした。被爆の様子を多くの証言や実際の体験をもとに、リアルで解りやすく展示されていました。たくさんの修学旅行生が、訪れていました。

 

   

 

   

 

 

 

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
広島県に視察に来ました。

 県議会総務警察委員会視察で、広島県消防学校に伺いました。

 

 広島では、5年前の大規模な土砂災害、昨年の豪雨災害でも100人を越える犠牲者が出る災害となりました。

 

 この時の教訓やご苦労もお聞きし、訓練も見学しました。全国から、のべ5200人の支援部隊を受け入れ、消防学校が宿営地となったそうです。

 

   

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
奈良県農協で、種子法について懇談。

 今日は県議団で、奈良県農協に伺い、廃止された種子法について、奈良県でどんな影響があるのか、お話をお聞きしました。

 

 奈良県の米の生産は、全国のシェアで見たら、わずか0・5%。それでも、奈良県の農業生産額の4分の1を占め、20000人の生産者が携わっておられるとのこと。

 ほとんどが、兼業農家で、高齢化。年々作付けは減少しています。

 

 種子は、県と米麦改良協会が協定を結んで、従来と変わらないように、取り扱っているとのことです。

 

 海外からの種子研究開発など参入について、現在そのような情報はないが、今後、注意が必要になる。そもそも、米も麦も大豆も、価格が安く、作っても、儲けにはならない現状で、厳しい。後継者がいない農家の委託栽培がすすめられています。

 

 安心、安全な食料は、地元の生産で、食糧の自給は、最も大切なことです。農業を守るために、県の取り組みが大事です。

 

   

posted by: 山村さちほ | 県議団活動 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
福島県議選、現有5議席確保!

 福島の県議選、神山えつこ団長を始め、5人が当選。おめでとうございます。

 

 東日本大震災のあと、原発の廃炉を求め、住民のための復興と被災者支援に全力でがんばり、さらに、選挙直前の台風災害と豪雨災害。

 

 党と後援会の皆さんが、自ら被災しながらも、救援活動に全力でがんばる中での選挙戦。すごい頑張りです。全国を励ます勝利です。

 

 今日は、急に雨になったり、大風が吹いたり、不穏な天候でした。正倉院展に訪れる観光客で、県庁周辺は大渋滞。車が動きません。

 

   

 

   紅葉には、まだ少し早いようです。興福寺五重塔。

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
故松岡克彦市会議員を偲ぶ会

 松岡克彦市会議員が急逝されて、はや11か月。今日は、偲ぶ会が開かれました。

 

 150名を超える方が参加され、故人をしのびました。松岡さんの、優しい人柄、猛然と頑張った奮闘ぶり、家族への思い。共産党員として、困った人をほっとけないと親身になり苦難の解決に取り組み、党を強く大きくと、一筋に頑張ってこられた姿が、こもごも、語られました。

 

 「早すぎた旅立ちは無念ですが、全力投球で生きてきた夫。今は、満足して旅立ったと思えるようになりました。前を向いていきたい」との、夫人のあいさつに、心打たれました。

 

 松岡さん、ありがとうございました。これからも、見守っていてください。

 

   

   オープニングは、フルートの演奏。

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
日本共産党奈良県委員会活動家の墓、合葬追悼式

 日本共産党の活動家のお墓で、24回目の合葬追悼式が、行われました。

 

 雲一つない快晴の青空のもと、共産党員として、不屈に闘ってこられた方々、今回は9名が合葬されました。私も、ともに活動し、暖かく接してくださったお一人お一人が、眼に浮かびます。

 

 もう、お会いできないことは、つらいですが、長年の活動に、心から敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。あとを受け継いで、新しい時代を切り開く闘いに取り組みます。

 

  

 

 

posted by: 山村さちほ | 党活動 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
社会福祉法人奈良県済生会に訪問

 厚生労働省が、突然発表した全国の公的病院を名指して、縮小統合を指示する報道で、大きな怒りが広がっています。

 

 奈良県内では、3つの済生会病院が挙げられました。県議団で、済生会中和病院に伺い、県済生会支部長の今川先生から、お話を伺いました。

 

 済生会では、生活困窮者への援助を使命として、無料定額診療制度、生活困窮者支援事業などに、熱心に取り組まれています。

 

 地域の医療機関との連携を大切にして、地域の患者さんに喜ばれる医療を目指してきたと、お話しいただきました。済生会の3つの病院は、どこも、もしなくなったら患者さんが困ってしまう。ニューズを見て、患者さんや、職員からも不安の声が出されているとのこと。

 

 今回の、厚労省の発表は、一方的すぎる、どの地域に住んでいても、一定のレベルの医療が提供できないといけない。とのご意見に納得です。

 

 誰もが、より良い医療を受けられるように、力を合わせて、地域医療を守っていかねばなりません。

 

   

   

 

   

posted by: 山村さちほ | 県議団活動 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
水道広域化計画について、奈良市で聞き取り

 県が主導して、水道事業を全県一つに統合する、広域化計画が進められています。

 

 この問題で、県下の市町村の実情がどうなのか、広域化するメリットがあるのか、住民にとってどんな利益があるのか。奈良市企業局で働く職員の方からも、お話を伺いました。

 

 それぞれの市町村は、実情が違います。頑張って安い水道料金で、経営も黒字にして頑張っているところと、県水100%購入している市町村では、条件が違い、メリットは一概に言えません。

 

 ましてや、全県一つになれば、住民から遠くなり、意見が反映されなくなります。住民に負担を増やさず、安全で安い水を守る観点から、十分検討したいと、市の職員の皆さんは、頼もしい。

 

 効率優先の県の奈良モデルで、性急に進めてはなりません。

 

   

    昨日の議会報告会の写真が届きました。

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |