Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
大雨・台風災害の救援募金のお願い

  大きな被害をもたらした九州地方の大雨、台風15号。千葉県ではいまだに、停電が続いています。一刻も早い、復旧、復興ができるように、支援の募金を呼びかけました。

 

 奈良市議団、後援会のみなさんといっしょです。短時間の間にも、次々と協力していただきました。ありがとうございます。

 

      

 

    

posted by: 山村さちほ | 党活動 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
奈良県革新懇年次総会

 平和・民主・革新の3目標で一致する個人・団体が結集して、政治革新を目指す草の根の組織、革新懇の総会が開かれました。

 

 この一年、とりわけ、知事選挙では、県政問題についての各分野から学習会を5回にわたって開催し県民要求を結集して選挙を闘おうと呼びかけました。そして、県民の声を聴く知事に変えようと立ち上がった住民のみなさんといっしょに、選挙を闘いました。

 

 参議院選挙でも、市民と野党の共闘を前進させたいと、積極的に選挙にとりくみました。広範な人々を結集する統一戦線で、政治を変える、市民と野党の共闘の発展、野党共闘の連合政権実現に、要の役割を果たす革新懇運動をさらに大きくと、地域の取り組みを交流しました。

 新しく、地域革新懇を広げる努力も始まっています。

 

   

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
新版資本論刊行、記念講演会

 日本共産党社会科学研究所の監修による「新版資本論」が、刊行され、不破哲三所長の記念講演会が開かれました。

 

 初めて、資本論が世に出てから150年以上となりますが、社会科学研究所での長年の研究によって、マルクスのすべての草稿にあたり、理論の発展過程、当時のエンゲルスの編集で見落とされた問題点なども解明。訳文や、訳注など全面的に改訂、編集された世界で初めての資本論となったそうです。

 

 志位和夫委員長、萩原横浜国立大学教授、山口富男社会科学研究所副所長のあいさつでは、資本論は、何を解明しているのか、なぜ21世紀の今、資本論を学ぶのか、今回の改訂で、明らかになったことなど、コンパクトに、意義深いお話でした。

 

 不破哲三社会科学研究所長の講演では、マルクスの草稿を編纂したエンゲルスの苦闘、まるで、見てきたように解き明かす、研究の過程を語っていただき、むつかしい話に引き込まれました。

 

 とても簡単ではない学習ですが、刺激を受けました。

 

     

 

    

 

    

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
あべ9条改憲阻止!県民リレートーク集会

 安保法制に反対する市民団体が共同で「あべ9条改憲阻止!県民リレートーク集会」が開かれました。

 

 9月19日は、安倍政権が、国民の大きな反対、野党の反対を数の力で押し切って、強行採決を行った日です。今年も、安倍政権の改憲は許さない、安倍政権を倒して、安保法制を廃案にと、市民団体が集まり、声を上げて、アピールしました。

 

 日本共産党から、私も発言。「市民と野党の共闘から、野党連合政権の実現に」草の根から、うねりを起こして、今度の衆議院選挙で政権を変える闘いに、力を合わせましょうと訴えました。

 

  

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
小林てるよ県議が代表質問

 今日は、小林県議の代表質問でした。

 

 奈良市庁舎の耐震化について、突然知事が横やりを入れて、移転すべきと提案。市議会を混乱させ、市民からも、介入しないでと怒りの声があがりました。このようなやり方は、越権行為ではないか、と追求。

 

 知事は、良かれと思って、自分の意見を述べただけと、関与を否定。奈良モデルの一環と言い張りました。小林議員は、反省のない知事を厳しく批判しました。

 

 そもそも、知事の言う奈良モデルは、街づくりについて、県の考えを提案して、市と一緒に考えるというものではなく、県の提案と一致するものには、予算面でも応援するという、誘導型。市民の意見や市の考えを尊重するものではありません。

 

   

posted by: 山村さちほ | 県議団活動 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
代表質問がはじまりました。

 県議会は、今日から代表質問。自民党、自民党奈良、新生ならの各会派の質問です。

 

 この中で、新生ならの田尻議員が、奈良公園バスターミナルについて知事に質問。

 

 今日の夕刊(朝日)で報道されていましたが、不評のバスターミナルが利用されず、観光バスが、春日大社の駐車場に集中して、大渋滞となり、春日大社の参拝者が参拝できずに困っていることから、結婚式や七五三のシーズン中である10月、11月は、土・日・祝日の観光バス受け入れを中止されることに。

 

 バスターミナルの利用促進や、周辺の路上でのバスの駐停車の対策などの質問に、知事は、警察に取り締まりの強化を求めることや、完全予約制のバスターミナルの時間当たりの受け入れ台数を増やす、バスの駐車を高畑駐車場での受け入れを増やすなどと答弁。

 

 渋滞対策どころか、バスターミナルによって、ひどくなっている現状が解決できるとは思えません。こんなところに、バスの乗降しかできないターミナルの建設自体が間違っています。

 地元や、関係者の意見を聞かずに、大型の建物建設ありきで進めてきたことを反省すべきです。

 

        

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
深刻な台風被害が続いています。

 千葉県を中心とする台風被害。いまだ、停電も続き、深刻です。お見舞い申し上げます。

 

 中央の会議でも、志位委員長が本部長となって対策委員会を作り、直ちに現地を伺い、直接要望の聞き取り、対策を政府に求めるなど、支援に取り組んでいると報告されました。

 

 多くの党員、後援会の皆さんが、自らも被災されながらも、けんめいの救援に頑張っておられるとのこと。苦難解決にがんばる日本共産党の草の根の力です。

 

 それにしても、政府や千葉県の対応、東電の対応も、住民の立場に立っていない。なんでも、想定外では済ませられません。

 

 台風シーズン、豪雨や地震、災害への備えを、本格的に進めなくては、全国どこでも安心できません。

 

    

 

     

 

  

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
第7回中央委員会総会

  早朝に奈良を出て、今日は東京で会議です。第28回党大会が召集されました。

 党大会成功に向けて、党を強く大きくする第運動が呼び掛けられました。市民と野党の共闘で、新しい政治へ野党連合政権の展望が生まれています。なんとしても、実現に草の根からがんばります。            

                                                   7

posted by: 山村さちほ | 党活動 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
奈良県政を考える県民集会ー高校削減・再編・耐震化問題・高校教育

 高校再編計画によって、閉校となる平城高校、耐震化が放置されてきた奈良高校、普通科高校を減らして、特色ある教育に再編する統合が進められていますが、子どもたちは、どんな状況に置かれているのか?

 

 今後、私たちの願いを実現するために、どんな運動をするのか、次々と、意見が出され、あきらめずに、県に対して、思いを届けていこうと話し合いました。

 

 「納得できない、自分たちの意見を届けたい」と高校生たちが、立ち上がろうとしても、学校側から、止められてしまっている現状が報告されました。

 

 生徒たちが、体育館の耐震化を求めて、意見を上げたら、校長先生が「申し訳ない」とあやまるばかり。

 

 納得できない生徒たちは、こんな県から、早く出ていきたいと思いを強めていると。

 

 中学生の保護者からは、進路選択に困っている、県の説明はあいまいで、新しい高校の内容がわからない、不安でいっぱいと訴えられました。

 

 若者からは、「教育にお金をかけない県は、未来がないと思う」「若者の意見を聞いてほしい、世代を超えて、一緒に頑張れるようにしてほしい」と、率直な意見が出されました。

 

 全国でも、奈良県の県民不在のやり方は、異常。ますます、怒りがわいてきます。力を合わせて、粘り強く、県民の願いを届けてがんばります。

 

    

 

   

 

  

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        
全駅一斉宣伝、JR奈良駅に。

 今朝は、朝から雨で、いつもより、涼しく感じます。近畿ブロック全駅一斉宣伝デー、地域の後援会の皆さんと、JR奈良駅前で、訴えました。

 

 10月からの消費税増税はストップを訴え。政府は、社会保障のためといいながら、この間の社会保障改悪計画は、あまりにも異常です。

 高齢者の医療費を窓口負担2割へ(現在1割なので、倍に負担が増えます)また、介護保険の見直し案は、要介護1・2の在宅サービスを保険から外してしまおうというのです。

 

 アレルギー治療薬も、保険から外して、必要なら薬局で自費で買うようにしてはどうか。などなど、国民負担が増やされることばかり報道されています。

 

 こんなことは許せない、消費税に頼らなくても別の道があります。国会も開かず、審議なしで、国民の意見も聞かずに強行なんてとんでもありません。

 

 内閣改造で、憲法改憲にまっしぐらの異常な安倍政権ですが、相次ぐ、災害の復旧支援、防災対策こそ、最優先に。いいたいことは尽きません。

 

  

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |