Search
Calendar
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
涼しくなりました。

  急に、涼しくなりました。今朝は、窓を閉めたくなる涼しさ、日中も、これまでと違って、さわやかな風があり、気温も30度以下。ようやく、猛暑も終わったのでしょうか。ほっとします。

 

 月末、なら地区では、新聞赤旗の増勢をめざして、連日結集してがんばっています。今日は、山口市議、地域の支部長らと行動でした。

 日刊紙一部、日曜版一部、購読していただきました。こつこつと粘り強く、がんばるしかありません。

 

    

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
NHK受信料支払い裁判

 奈良県生駒市の宮内さんが、NHKの報道姿勢に抗議して、受信料の支払いを一時凍結したことに対して、NHKが支払いを求める裁判をおこしました。

 

 この裁判には、NHK問題を考える会や多くの市民らが支援しています。

 

 弁護団は、第一回口頭弁論、第二回口頭弁論でも、視聴者が受信料を払う義務があるとともに、NHK側は、放送法4条にもとづき報道ずる義務があること。いかなる言論活動によっても、放送法に反した報道をあらためない場合は、守らせる手段として支払いの凍結もありうると主張。

 

 ところが裁判官は、NHKの特殊な負担金であり払わなくてならないとの言い分に反論させず、いきなり結審となっています。

 

 そこで、今度は、宮内さんが原告となって、NHKを訴えることになりました。公平公正な放送をする義務について、正面から問うものです。

 

 8月25日の赤旗新聞に、弁護団の佐藤真理弁護士のお話が掲載されています。ぜひ、皆さんも一緒に考えてみましょう。

 

    

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大型の台風が近づいています。警戒を。

 また、大雨や台風の季節がやってきました。日本中どこでも、大きな災害が繰り返されています。なんとかならないのかといつも思いますが。どうか、被害がでませんように。

 

 災害に強い街づくり、早めの非難など、危険から身を守る対策をつよめておくことが大事ですね。

 

 安部政権の景気対策28兆円。莫大な大型公共事業中心ですが、本当に必要な災害への備えなど、命を守る対策を最優先でやってほしいものです。

 

 奈良県でも、河川の氾濫をふせぐ遊水地の設置など、対策が急がれます。

 

 今日は、終日地域をあるいて、訪問対話。支部のみなさんの協力もあって、赤旗日曜版4部増えました。

 

 暑さで体調を壊した、健康に不安、生活できないなど、暮らしの問題がいっぱいです。

 

     

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
戦争法発動の危険

 

 

 内紛が続く南スーダン。世界で最も新しい独立国ですが、これまでの内紛で200万人が、犠牲になったといわれています。

 

 ようやく和平合意ができましたが、現在は、大統領派と副大統領派の戦闘が再燃。国連PKO施設にも砲弾が飛んでくるなど、危険な状態だということです。

 

 今も自衛隊員は、国連平和維持活動に、350人派遣されています。これまでは、戦闘地域にはいかない、武器は使わないとの歯止めがありました。ところが、新たに強行した戦争法の関連法では、任務のための武器使用がみとめられ、駆けつけ警護、宿営地の共同防衛などの危険な活動に参加できることとなります。

 

 政府は、そのための訓練を指示して、いよいよ、部隊を派遣するかまえです。駆けつけ警護では、敵の監視員を狙撃することなどの作戦が実施されるということですから、反対に攻撃を受けて死に至りかねない。まさに、自衛隊員の命の危険が迫っています。

 

 なんとしても、こんな危険はとめなくてはなりません。

 

 今日は、北村市議と地域を訪問。対話の中では「安部首相は、自衛隊に危険な任務をやらせかねない。そんなことは許せない」と戦争法の発動の危険が迫っていることを危惧する声がだされました。

 

 ある牧師さんは、自分の教会で、いくつかの教会との合同で、シールズの若者を呼んで学習会を開く計画をしていると話してくださいました。憲法変えようとの動きに、何かしたいとの思いを強くしているとのことですが、すごい。

 

 草の根の運動に連帯して、戦争法は許さない闘いをさらにおおきくしましょう。

 

      

 

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
年金者組合の役員の皆さんと懇談しました。

 県年金者組合のみなさんと、県議団で懇談しました。

 

 皆さんからは、年金引き下げは憲法違反との違憲訴訟について、奈良県から29人が原告となり、全国で4091人が提訴している裁判への支援の要請がありました。

 

 そして、年金者を取り巻く生活の問題など、切実な要望が出され、とりわけ、介護保険の保険料負担、次々と改悪される制度への不安など、深刻なお話をお聞きしました。

 

 

 平群町では「まちづくりを考える会」で介護保険の学習会を開いたところ、予定を遙かに上回る160人の参加があって、とても関心が高い。保守の議員や老人会長など、幅広い方が来られたそうです。

  

 

 

  高齢者の暮らしを守る運動をどう進めるのか、若い世代も含めて、政治を変える闘いにつなげるためにどうひろげたらいいのか。話し合いました。

 長い経験と粘り強く地域でかんばるみなさん、すごいですね。皆さんのパワーに、はげまされます。

 

 

 県議会でも皆さんの願いを届け、市町村議員の皆さんと連携して、運動に取り組んでいきたいと思います。

 

     

      めずらしい赤いひまわり

 

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バンビがおめみえ

 今年春に誕生した、鹿の赤ちゃんたちが、奈良公園にお目見えしています。あちらこちらで、かわいい姿を見せてくれます。

 

  

 

 今朝は、近鉄奈良駅早朝宣伝からスタート。

 

 いよいよ、来年の市長・市議選挙の準備か、奈良市長も宣伝にきてマイクで訴えていました。

 

 奈良市では、市民の暮らしにかかわる斎場の建設や清掃工場移転、認定こども園、幼稚園や小学校の統廃合など、課題が山済みです。

 

 今日も白川市議と地域を訪問すると、幼稚園と保育所統合で子ども園をつくる市の計画に、若いおかあさんたちから、約束が違うと意見がいっぱい。早速、白川市議と一緒に、市長と会って話し合うとのこと。たくさんのお母さんが、子どもをつれて参加したいと積極的で、たのもしい。

 

 出会った自治会長さんからも、要望を受けました。市民の願いを届け、がんばります。  

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
,映画「トランボ」みてきました。

 今日は、お休み。どうしても見たかった映画「トランボ」を見ることができました。

 

 1940年代のアメリカで、米ソの冷戦時代に吹き荒れた、赤狩り。共産党員というだけで、ハリウッドから締め出され、逮捕投獄の弾圧を受けた映画人たち。

 

 現場で働く労働者の権利を守る運動にたちあがった脚本家のダルトン・トランボ。思想と言論の自由を奪うことは許されないと、投獄されても、家族とともに闘いつづけ、すばらしい作品を作り続ける。

 

 誹謗中傷、社会からはじき出される苦難を乗り越える強い発信は、作品のなかに。弾圧を受けたハリウッド10と呼ばれる仲間たちとともに、ついに名誉回復を勝ち取る信念の生き方に引き込まれました。

 

 誰もが知る名作「ローマの休日」「スペクタクル」「ジョニーは戦場に行った」などの、脚本を手がけ、オスカーも受賞した作品が、共産党員として弾圧を受けた人であったとは知りませんでした。

 

 赤狩りの真実をこのような映画にすることも、アメリカの一面。

 

       

 

   

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
興福寺中金堂復元の視察

 県議会の観光振興対策特別委員会の視察に、地元議員として同行させて頂き、興福寺の中金堂復元現場を見学しました。

 

 興福寺は710年、平城京遷都にあわせて、藤原不比等によって、飛鳥から移設してたてられたお寺です。当時は、大きな権力を持つ藤原氏の氏寺として隆盛を誇っていました。

 

 中金堂は、714年の建設ですが、その後7回の火災にあい、そのつど再建されています。明治時代、廃仏毀釈によって壊滅的打撃を受け、没収されました。

 

 その後、最初の建設当時(天平時代)の建物を復元しようと、1991年から準備がすすめられ、現在、復元工事がすすんでいます。

2018年、落慶の予定です。

 

 天平時代の基壇がそのまま残っており、古文書やさまざまの残されている絵図や資料から、当時の建物をそのまま復元することにこだわって、研究検討されたそうです。

 

 建築様式も当時のままに、宮大工さんや職人さんが復元。お話をうかがいますと、日本の建設技術は当時からたいへんすぐれていたことが、わかります。

 

 しかし、直径1メートル、高さ10メートルの材木を66本も用意することは、日本国内でも海外でもむつかしく、カメルーンでようやく見つかったとのこと。今後、古い寺院などの復元や、改修には、材木を育てることから準備しなくてはなりません。約500年かかるそうです。

 

 また、柱の朱色の塗料にまぜて使われる「にかわ」を製造する業者はすべて廃業してなくなっているそうで、政府がきちんと文化財保護の観点で必要な対策、建築などの技術者の養成もふくめ、おこなってほしいと要望されました。

 

 大きさは、すでに復元されている平城宮跡の大極殿とほぼ同じです。

 建設中の今しか、間近で見ることができない屋根や、鬼瓦、組柱などを見せていただき、1300年前の壮大な建築のすごさを実感しました。

 

    

   三手先組物と呼ばれる当時の最高級のつくりだそうです。とにかく、部分を作って組み立てるとびしっと隙間なく出来上がる技術はすごい。

 

   

   美しい曲線を描く屋根。鬼瓦は、当初はひとつだったそうです。覆いがかかっていますが、金箔のしびがのっています。

 

   

   66本の大きな柱。柱が立っている石は、1300年前の敷石の上に、元の基壇を保護してかさ上げして作られたもの。

 

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
食べるほおずき

  西日本は、連日の猛暑日で、外に出ると日差しに、じりじりと焼けつくようです。関東東北や北海道では、台風や集中豪雨の被害が心配です。お気をつけください。

 

 いつまで、この暑さがつづくのか?ぐったりですが、来年は、奈良市会議員選挙もあり、暑い中、市議の皆さんと地域を訪問して、お話を伺ったり、赤旗新聞をおすすめしたりしています。

 

 今日は、県議会で、生活相談の対応。

 

    

    今井県議から、めずらしい「たべるほうずき」の差し入れです。

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
感動のオリンピック

 オリンピックでの、日本選手の活躍はすばらしいですね。毎日感動のドラマ。喜びの涙についつい、もらい泣きするほど。

 

 メダルを取れた選手も、届かなかった選手も、血のにじむような努力で、技も心も磨いて、自らの限界に挑戦して闘ったからこその感動、ありがとうといいたい。

 

 今日の日曜討論で、もとオリンピック選手の為末大さんと、荻原智子さんが発言されていました。

 

 「次の東京オリンピックの目標が、メダルの数を掲げるだけでは、さみしい」

 

 「東京オリンピックでは、オリンピックの原点、平和の祭典ということを発信してほしい。平和であってこそスポーツができる、紛争も戦争もない世界に」

 

 「これまでの、勝つことが一番の価値観から、世界との共存、障害のある人もない人も共存する価値観の発信へと、日本社会のありかたを考え直すとき、パラリンピックとオリンピックで実現したい」

 

 お二人の、お話に、強く共感しました。

 

      

      朝から、猛烈な暑さ、夏の空ですが天高く秋の気配も。

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |