Search
Calendar
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
市民連合奈良主催、参議院選挙勝利奈良県大決起集会
 市民連合の決起集会が開かれました。野党共闘の候補が決まって、力を合わせて勝ち抜こうと、力強い集会でした。

 溝川佑介市民連合共同代表のあいさつ、三島健一大阪大学名誉教授、立憲ファーラムの江崎孝事務局長・民進党参議院議員や、関西シールズの山口晶子さん、弁護士有志の会の佐藤真理弁護士、ママの会の坪本加奈恵さんらが、連帯と激励のあいさつ。

 日本共産党のいずみ信丈参議院比例予定候補は、野党統一のため選挙区候補を辞退したこと、戦争法廃止、立憲主義と民主主義を取り戻すために、前川きよしげ統一候補の勝利のために、全力を尽くすと決意を述べました。
           

 民進党の野党統一候補となった前川きよしげ参議院議員が、力強く決意表明し、大きな拍手に包まれました。

           

 ほんとうに、ここまで来たんだと感慨深く、みなさんと結束した力で、なんとしても自公と、大阪維新に勝たねばなりません。 

 
posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
宮城県議会「脱原発をめざす県議の会」のみなさんと懇談
  宮城県庁をたずね、全国で奈良県に次いで2番目に結成された「脱原発を目指す県議の会」のみなさんと、懇談しました。

 県議会の59人中、20人が参加、超党派で活動されています。昨年の11月の県議選挙後、12月に結成されたそうです。

 会長の佐々木県議は、前美里町長。女川原発の30キロ圏内にある町です。もともと原発の安全神話にどっぷりとつかっていたそうですが、福島原発事故後、原発はあってはならないと考えるようになり、役場庁舎に、脱原発の横断幕をかかげたそうです。

 脱原発を進めたいと、その一念で県議に立候補、当選後は、議員連盟をつくりがんばっておられます。
 昨年の県議選では、脱原発をかかげてきた共産党県議が4人から8人へと倍増する躍進を果たしました。

 原発をなくせという機運が高まっているようです。

 宮城県は、いま震災からの復興に尽力されていますが、放射能汚染やその汚染物の処理、原発被害の補償など、東電や政府へ要望を続け、住民を守るために闘っておられます。

    
   あいさつされる会長の佐々木県議(無所属)副会長の中嶋県議(日本共産党)事務局長の岸田県議(社民党)のみなさん。

    
   宮城県議会。
posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
女川町の復興計画、反原発の議員団、住民の会の皆さんと懇談
     地震と津波で、やく7割の住宅が全壊、9割りが被害を受けた女川町では、町全体を山を削ったり、かさ上げしたり、高台に住居を移す大規模な土地造成が行われていました。

   完成まであと2年、急ピッチで工事が進んでいます。仮設の町役場でお話をうかがいました。 

  海岸では、日本有数の漁港の復興、海での銀さけ養殖等震災前の売り上げを取り戻す頑張りだとのこと。  
    女川町の二人の共産党議員団と無所属の議員さん、三人で原発反対議員同盟をつくって頑張っておられます。

  また、原発から30キロ圏内の2市3町の住民で立ち上げたupzの会の皆さんと懇談しました。

    原発の地元では、反対を表明することがとても難しいことが、よくわかりました。そんな中で、粘り強い闘いが、住民の意識を変えてきたのはすごいことです。

       
       女川駅からの眺め 
          

          大規模な造成工事。

               
        港から見える女川原発。
   

        
       

 
posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
脱原発議員連盟で女川町へ視察に来ました。
      奈良県議会の脱原発議員連盟で、東日本大震災で大きな被害を受けた女川町に来ました。
    
   日本共産党の高野博町議に、案内していただきました。高野さんは、原発が計画されたときから反対運動に立ち上がり、町議として11期、闘い続けてこられた方です。
 自らも、津波で家を流され、仮設住宅で暮らしておられます。

     女川町には、東北電力の女川原発があります。大きな津波で女川の町や漁港が流されてしまいました。

  幸い原発は、津波の高さよりもわずかに高かったため大惨事は免れました。しかし、これは想定していたことではなく、奇跡的なことだったようです。
   高野議員は、議会内外で原発の安全対策を問題にして、施設の改善を求めてきました。この結果、対策が強化され、被害を食い止められたことも事実です。

  原発のPRセンターでは、安全対策が万全であるかのように報道していますが、地震で大きな被害を受けたことは知らされていません。安全神話はいまだに作り続けられているのです。

     
sせ説明して下さる高野議員。   
  
posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
政府交渉にいってきました。
      いずみ信丈参議院比例候補と、県議団、池田香芝市議、北村奈良市議らと、国政要求懇談会で出された要望を持って、政府交渉しました。


    山下よしき参議院議員、清水ただし衆議院議員、宮本たけし衆議院議員、大門みきし参議院議員も、交渉に同席していただきました。
  また、市田忠義参議院議員、党副委員長が、激励に来てくださいました。


    奈良市般若寺町にある少年刑務所の保存について、法務省が保存するために、どう活用できるか検討中であると回答。文化庁も優れた近代建築で保存すべきであり、今後、文化財指定について検討していくとのこと。

  地元の自治会の皆さんや地域の方々が保存運動を進めてこられました。願いが届いて本当によかった。

 今後は、皆さんの思いが生きるように、よく意見を聞いて、保存活用をしてほしいと要望しました。

        

      
     少年刑務所です。


   
      
     病気を克服して、健康を取り戻した大門参議院議員と共に。 



 
posted by: 山村さちほ | 党活動 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
全県活動者会議
  全国の参議院選挙区、32の一人区すべてで、野党共闘が実現。ついにここまできたとは。今日は、かつてない新しい情勢の下、かつてない闘いをどう進めるのか。全県活動者会議が開かれました。

 各地域で、決起集会が開かれるなどして、少しずつ選挙モードになりつつなりますが、選挙区での勝利のためには、飛躍しなくてなりません。

 野党統一候補実現のために、選挙区の立候補を取りやめ、比例代表の候補になったいずみ信丈候補が、ごあいさつ。街の空気も変わって、さまざま、激励されているとのこと。おもしろい選挙になってきました。

 前回選挙の得票では、自民党に勝てませんが、足し算ではなく、掛け算に飛躍の条件はあります。がんばろう。

      
 
    

    

 
posted by: 山村さちほ | 党活動 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第59回奈良県母親大会
  第59回奈良母親大会が、生駒市で開かれました。

 「命を生みだす母親は 命を育て 生命を守ることを望みます」をかかげて、赤ちゃんを抱っこしたおかあさんから、大先輩のおかあさん、働く皆さん、みなさん明るく、知性にあふれていました。

   

   

 記念講演は、同志社大学大学院教授の岡野八代さん。「私たちの暮らしと憲法の話」と題して、戦争する国のなかで、女性がどんな立場に置かれていたのか、いまはどうか、問題を投げかけられて、憲法と私達の生き方を考えさせられました。

  輝く女性の集まり、パワーをもらいました。

   
posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
野党統一候補に、日本共産党候補が決定。
 参議院選挙全国32の一人区で、つぎつぎと統一候補が決まっていますが、なんと、香川県では、わが党のたなべ健一候補が決まったとのこと。すばらしい。
 野党共闘を提唱して、実現に力を尽くしてきた日本共産党と市民のみなさんの共同の力が、大きく発展していると実感します。

 あと2つに迫っています。19日の4野党党首会談で、すべての一人区で実現まで頑張ると確認され、来年4月の消費税10%への引き上げには反対する、衆議院選挙でも、できる限り協力を行う、安倍政権不信任決議案を共同で提案することを検討していくことも、合意されたのです。

 国民世論、市民の運動で、共闘の中身が、どんどん進化しています。わくわくしますね。頑張りがいある選挙、政治をかえよう。

   
  大宮地域で、議会報告会が開かれました。井上市議とともに報告。参議院選挙についても訴えました。
posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
県議団総会
 県議団総会を開きました。参議院選挙目前、解散総選挙も取りざたされるなか、選挙モードで、がんばらねばなりません。

 同時に、県議会も課題がいっぱいです。要望実現の運動やとりくみ、6月議会での論戦など、議論しました。

 国保広域化、子育て支援、TPPと農業振興、奈良公園開発、ホテルを核とした開発と奈良の観光、平城宮跡の活用、震災対策、山村地域振興、水道事業の広域化や、児童虐待問題など、学習しながら、対策を検討しています。

         


  
  
posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今年もアマリリスが咲きました。
  今年も、アマリリスが花を咲かせました。八重の咲きの見事な花で、道行く人も足を止めています。

  毎年、何の手入れもせずに、冬を越しているのに、自然はすごいです。

  昨日の党首討論で、志位委員長は、消費税増税問題を追及しましたが、安倍首相は、何らまともな回答をしませんでした。

  景気がどうなっていようとも、増税ありきでは。無責任のきわみです。衆参同日選挙も取りざたされていますが、こんな無責任政府、どうしてもおいつめていきましょう。

       
posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |